LINEで送る
Pocket

不動産屋の入居審査には受かるのに家賃保証会社の審査に落ちる理由①

今回は不動産屋には受かるのに家賃保証会社の審査に落ちる理由について少し書いてみようと

思います。

今まで引っ越しをした事がある方であれば入居審査というものを経験した事があるかと思います。

不動産屋の入居審査とはいってもお客様が住みたい部屋を決めた後に不動産屋にて申込書を記入し、

その申込書を不動産屋が大家さんへ送り、大家さんがその申込書を見て入居させるかどうか判断する

という単純な流れです。

スポンサーリンク

入居審査で考慮される項目としては年収や勤務先・連帯保証人の属性・

入居者さんの人柄などが挙げられるでしょう。不動産屋の入居審査というものは割と通りやすい事が

多いです。想像が付く人も多いかもしれませんが大家さんも空き室を埋めるために入居者さんを

少しでも早く入居させる事を念頭に置いていますし、大家さんから物件の管理を任されている不動産屋

(管理会社)自体もどちらかと言えば大家さん寄りだからです。管理会社は大家さんから物件を

預かっている以上、早く空き室を埋めなければいけませんし空き室が長引いて管理委託契約を解約

されてはたまったものではありません。もちろん不良入居者を入居させる訳にはいきませんが

どちらかと言えば早く借主さんを見つける事に力を注ぎます。また不動産屋によって審査の厳しさは

多少違ってきます。例えばAという管理会社とBという管理会社があるとしてA管理会社が審査が

緩くB管理会社が審査が厳しければ営業マンが物件を選定する時でも多少考慮します。例えばお客様が

A管理会社の物件とB管理会社の物件を気に入っていたとしたら、営業マンはA管理会社の物件を

お客様に薦める傾向があります。もちろんお客様に入居審査に受かって欲しいという気持ちも

ありますが、もしB管理会社の物件を薦めて審査に落っこちたとしたら自分の営業数字にも響いて

くるからです。そのため営業マンはAD(大家さんからの報酬額)も気にしますが、その物件の

管理会社が厳しい審査をする所だとその物件を避ける場合もあります。

ここまでは不動産屋の審査について書いてみました。しかし最近では家賃保証会社を利用する事が

多くなっています。単に親族などの連帯保証人を付ければ良い契約であれば保証会社の利用はしなくても

良いですが、保証会社の利用をするとなると保証会社の審査に通らなければなりません。

不動産屋の審査と保証会社の審査のどちらが審査が厳しいかと言えばもちろん保証会社の審査の

方が厳しいです。既にお分かりかと思いますが例えば借主さんが家賃を滞納した場合、保証会社は

大家さんに家賃を立て替えて支払いをしなければなりません。また借主さんが夜逃げでもしようものなら

入居者の退去確認が取れるまで大家さんに家賃を立て替え続けなければいけませんから大変な損害です。

実際に家賃滞納額が多額になり倒産した保証会社も幾つかあります。そのため保証会社は入居者の

審査に慎重にある傾向があります。

しかし保証会社と一言でいっても会社により三者三様です。もちろん保証会社が提供するサービス内容や

保証料等も大切ですが保証会社の審査で気を付けなければいけない事は「どの団体に属しているか」

という事になります。これをあらかじめ知っておく事によって審査が通る場合と通らない場合とで

結果が分かれる事にもなりかねませんので念のため簡単に書いていきたいと思います。

 

→文字数が多くなってしまったので続きは「不動産屋の審査には受かるのに保証会社の審査に落ちる

理由②」にて書かせて頂こうと思います。

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket