LINEで送る
Pocket

モバイルフレンドリーテストにより不動産サイトがランク下落?

今回はGoogleのモバイルフレンドリー適応について少し書いてみようと思います。

モバイルフレンドリーとはスマートフォンに適切に表示されるように最適化してある事を言います。

私も専門分野ではありませんがこのモバイルフレンドリーについては以前から耳にしていました。

今までもスマホであるサイトを検索するとサイトURLの下に「スマホ対応」と記載がありました。

スポンサーリンク

しかし今まではそのサイトがスマホに適切に最適化してあるかどうかという事は検索順位にはさほど関係が

なかったように思います。

しかし4月21日からこのモバイルフレンドリーテストを通してスマホに最適化していないサイトは

ページランキングに少なからず影響があるような記述が見られます。

ではスマホに最適化しているサイトがどのようなサイトかといえば例えばページのテキストが小さすぎて

スマホ画面上で見た時に見づらかったりリンクの表示が小さかったり閲覧に横にスクロール移動の必要が

あったりとスマホ検索に配慮したサイトが最適化サイトと言えそうです。

たしかに自分のブログやサイトを見ても、スマホからの検索流入がかなり多めです。今後もスマホからの

検索はもっと多くなってくるでしょうし、このような最適化テストが行われるのは当然の流れなのかも

しれません。もっとも最適化していないからといってどのくらいページ順位に影響してくるのかは

全くわかりませんが、サイト運営者としてはモバイルフレンドリーに対策を講じておいた方が良いように

思われます。

他社の不動産屋のHPをそっと見てみると正直モバイルフレンドリーに対応していないHPがかなり

多いです。不動産サイトというと物件検索のためのリンクや画像がどうしても多くなってしまうので

確かにモバイルフレンドリーとは言えないサイトが多いように思います。またあるリンクをクリック

しようとしてもリンクとリンクの幅が狭すぎて別のリンクをクリックしてしまったりという事はよく

ありました。現在ではホームページを導入していない不動産屋というのはごくわずかだと思いますが

老舗の不動産屋では物件更新の操作さえおぼつかない方も時々います。またHPを日頃から運営している

不動産会社でも月々数万の運営費をHP運営会社に支払って運営をしている所が多いように思いますので

モバイルフレンドリーに対応するように1からサイトを構築し直すという事は現実的ではないように

思いますがいつかは対策を講じなければなりません。自分でHPを作成している不動産会社もたくさん

ありますが物件のデータベース構築からやるとなると少し専門的な知識が必要な気がしますし、ワードプレ

スなんかでは不動産プラグイン等でデータベースを利用できますが、全くPCに免疫がない人にとっては

少し難しいようにも思えます。

では自社のHPがモバイルフレンドリー対応かどうかを調べるには?という事ですが、単純に以下の

ページでURLを入力するだけです。URLを入力するとモバイルフレンドリーであるか、そうでないかの

判断がなされサイト上にどのような問題点があるかを指摘してくれます。

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/?hl=ja

不動産サイトに関わらず皆さんのサイトも取り残されないように一度テストをしてみた方が良いかも?!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket