LINEで送る
Pocket

マンションでのペット飼育とノラ猫の餌やり

今回は近所のノラ猫に餌をあげる事は違反かどうかについて少し書いてみようと思います。

近所の人がノラ猫に餌をあげている光景はよく見かけますね。本人も動物が好きで餌をあげているんだろうし

猫も喜んでいるようです。また私も猫や犬が好きなので動物に餌をあげたくなる気持ちはよくわかります。

しかし一方でそのような行為を良く思わない人がいるのも事実です。糞や便が落ちていたり近隣の敷地にしてあった

りそこからくる悪臭の問題や、夜中の泣き声の問題、そもそも猫が嫌いという方もいると思います。

猫を含めてペットの問題というのは集合住宅では特に問題になりやすく元々がペット可の建物であればさほど問題は

起きないものの、後からペット可能な物件に仕様変更されたものやペットを飼っていない住民との混合住宅ではよく

問題になります。またマンションによってはペットの種類やペットの頭数・ペットの大きさによって飼育の可否を

決めている物件も多くあります。

実際にマンションの標準管理規約でもペットの飼育に関しては「認める・認めない」という点を明確に規約に

明記する事が重要とされています。また飼い主の飼育状態によっては理事会から飼育禁止の措置を取られる場合も

あります。

では自分の自宅内で飼育している猫に餌をあげるのは問題はありませんが、例えば近所のノラ猫に餌をあげるのは

違反になるか?について少し挙げてみようと思います。

スポンサーリンク

ノラ猫の餌やりは法律違反?

それでは近所のノラ猫に餌をあげる事は法律違反かどうかについてですが具体的に餌やり自体を規制する法律

というのものはありません。もちろん自分が飼育している猫が他人にケガをさせたり損害を与えた場合には

賠償請求の対象になる事もあるかと思いますが、ノラ猫は誰の所有物でもないため餌をあげる事自体は法律違反

ではありません。しかし一般的な法律とは別に市区町村の条例等ではノラ猫の餌やりを禁止している所も

あります。例えば荒川区ではノラ猫やハトやカラスに餌をあげるなどをして周辺住民に迷惑をかける事を禁止

しています。この条例では自分が所有していない猫への餌やりは、泣き声や糞尿は周辺住民に被害を与える可能性

があるとして禁止事項としています。またこの条例に違反した場合は罰金を課すなど重い罰が課される事になって

います。例えば区が違反者に立ち入り調査をした場合でも、立ち入り調査拒否をした場合は罰金10万円以下、

中止命令に従わない場合には5万円以下の罰金が課される事になっています。

もちろん条例は現在では一部の地域での適用になっていますが、動物やペットのトラブルは後を絶えないため

今後他の地域にも少しずつ広がっていくのでは?との声もあるようです。

猫を10匹以上飼う場合は届出が必要?

最近では高齢者が多くなっている事や単身者が多い事などからペットへの依存が高まっているようにも思います。

特に猫や犬の多頭飼育をしている方々も多く見かけます。たしかに自分が帰宅した時にたくさんの犬が出迎えて

くれる喜びは疲れを吹っ飛ばしてくれるものもありますし、たくさんの猫同士がグルーミングし合っていたり

寄り添って寝ている姿なんかを見ていると動物好きな方にとっては癒されますね。

しかし地域によってはペットを多頭飼育する場合には条例により届出が必要としている所もあります。

例えば新潟市では「新潟市動物の愛護および管理に関する条例」により飼育する犬や猫の数が10匹を超える

場合には動物愛護センターへ届出書の提出が義務付けられています。この条例の背景にはやはり不適切な

市域環境による周辺住民からの苦情や動物の大量引き取りの苦慮などがあるようです。また再三の届け出の指導に

応じない場合には過料される可能性もあります。また飼育するペットの数が30%以上増減する場合には変更届

が必要で飼育頭数が9匹以下になった場合には廃止届が必要になっているようです。動物によるトラブルが

今後増えていけばこのような条例についても他の地域でも広がっていく可能性はあるように思います。

 

ペットや猫の飼育や餌やりについて少し書いてみました。私も動物は好きですが周辺住民に迷惑をかける行為や

行動にはこのような規制がかかってきている事も事実です。動物を飼育する立場としては自分の住まいが動物を

飼育できる環境にあるかという事や糞尿や騒音対処など周辺住民に配慮できるか、また多頭飼育するにしても1頭1

頭にきちんと愛情を注いであげられるか等をよく考えた上で動物を飼っていきたいものですね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket