LINEで送る
Pocket

隣家の失火につき自分の家まで火事!隣家に責任は?

今回は火事について少し書いてみたいと思います。

火事は怖いですね。特にこの乾燥する季節は注意しなければいけません。

特に住宅が密集する地域では隣家が火事を出すと自分の家まで燃えうつる、、なんて恐怖もあります。

また日本は木造建築が多いのでRC等と比較すると建物が燃えやすい点もあります。

その際隣家には賠償責任が生じるのでしょうか。隣家の失火について幾つか挙げてみたいと思います。

民法と失火責任法

例えば隣家が火事を出し自分の家に燃え移った場合、隣家に損害賠償請求ができるかという点が問題として上がって

きます。隣家が火事を出したのですからそれにより損害を被った場合は当然その隣家に損害賠償請求できるような

気もします。実際に代表的な民法709条でも「故意または過失によって他人の権利を侵害したる者はこれによって

生じたる損害を賠償する責めに任ず」との条文があります。失火により隣家に火事が燃え移った事は他人の権利を

侵害した事に該当するように思いますし隣家は損害賠償責任を負うような気もします。

しかし民法とは別にもう一つの法律が存在します。「失火責任法」というものです。

「失火の責任に関する法律 民法第709条 の規定は失火の場合にはこれを適用せず。但し失火者に重大なる過失あ

りたるときはこの限りにあらず。 」というものです。これによれば失火に関しては民法の損害を賠償する責任を

適用しないという事が言えそうです。つまり隣家が火事を起こして自分の家に燃え移ったとしてもその責任を

隣家に負わせる事はできないという事ですね。民法よりも失火責任法が優先されるという事です。隣家のせいで

火事が燃え移ったのに責任を問えないなんてなんだかいまいちしっくりこないと思う方もいるかもしれませんが

現に今でも適用されている法律なので従うよりほかはありません。

しかし失火責任法の末尾には「失火者に重大なる過失ありたるときはこの限りにあらず」とあります。

ようするに明らかに隣家の不注意な行為が原因で起こった失火であれば隣家に責任を問える場合があるという事

ですね。しかし実際のところ重過失が原因による失火とはどのようなものがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

失火責任法による重過失

火事の原因でもっとも多いのが「タバコ・暖房器具・コンロ・放火」です。

それでは過去の判例を元に幾つか重過失の失火を挙げてみます。

・寝たばこで引火

・タバコの吸い殻を捨てた

・吸いかけのタバコが入った灰皿を放置した

・石油ストーブが点いた状態のまま石油を給油した

・石油ストーブのそばに蓋をしていないガソリンが入ったビンを置き、そのビンが倒れて火災が発生

・ストーブを点けたまま布団で寝てしまい布団に火が燃え移った

・電気コンロを点けたままだった

・台所のコンロに油の入った鍋をかけたまま放置した

・火鉢で炭火をおこすため、電話機消毒用のメチルアルコールを使用し火鉢の火気を確認せずアルコールを火鉢に

 注ぎ、火事になった

・電力会社が引下配線が垂れ下がっているのを確認していたにも関わらずこれを放置したため、強風のため電線が

 切れて建物の火災が発生した

 

幾つか重過失の失火を挙げてみました。いずれにしても重過失ととられても仕方がないかなと思う事例が多いです

ね。くれぐれも火の消し忘れや暖房器具の電源を切っているかどうか、またコンロの消し忘れ等にも注意したい

所です。

火災保険で保険金は支払われるか

それでは火災保険ではどうでしょうか。火災保険に加入していれば隣家の火事が原因で自分の家が燃えても

保険金は出るのでしょうか。

まず隣家の失火が原因で自分の家が火事になった場合は建物や家財の被害に応じて保険金が支払われるのが一般的

だと思います。そのため万一に備えて火災保険には加入しておいたほうが良いかもしれませんね。

しかし自分が火事を出してしまい隣家に燃え移ってしまった場合はどうでしょうか。通常の保険では保険約款で

故意または重過失の場合は保険金が支払われない事が多いです。そのため自分が隣家に対して加害者となって

しまった場合に備えて「個人賠償責任保険」にも加入しておいたほうが良いかもしれません。個人賠償責任保険では

重過失の場合でも免責とならず保険金が支払われる事が多いためです。

上記のように自分が火事を起こしてしまい隣家にも責任を負う場合は個人賠償責任保険が適していると思われますが

、もし自分の家が借家で大家さんに対して責任を負う場合はどうでしょうか。このケースでは「借家人賠償責任保

険」が適しているとも言えると思います。

この保険や特約は賃貸借契約を締結する時に一緒に保険に加入する事が多いですが、家を借りる以上は大家さんに

対しての賠償責任も考えておかなければいけないという事になります。

 

以上幾つか隣家の失火や保険について挙げてみました。色々と問題はありますが一番肝心なのはもちろん火事を

起こさない事です。日頃から火の元には十分注意して隣家ともお互いに気を配れるような関係を築いていきたい

ものですね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket