LINEで送る
Pocket

隣家の木の枝・根・枯葉は対処できるか

今回は隣家の木の枝や根や枯葉はどうするかについて書いてみようと思います。

意外とあるのがこの問題だと思います。もっともご近所同士が仲良しであれば多少木の枝が自分の敷地に

入り込んでいても気にならないのですが仲が悪いとちょっとした事でもトラブルになりやすいのがご近所問題だと

思います。

私の家の裏庭は隣家が目の前なのであまり窓を開けないのですが、この間久々に窓を開けたら結構太い木の枝が

ニョキニョキと生えていて隣家に少し入り込んでいました。慌てて電ノコで切り落としましたが隣家は気づいて

いたのでしょうか。もし気付いていたらあまり良い気はしなかったかもしれませんね。。

今回はそんな木の枝や根や枯葉について挙げてみます。

スポンサーリンク

隣家の木の枝は勝手に切る事ができるか

まず木の枝についてですが、木の枝が自分の敷地まで伸びていると場合によっては日当たりが悪くなったり

建物に損害を与えたり枯葉が庭に落ちてきたりまたそれを掃除しなければいけなかったりと損害を被る可能性も

あります。そのため隣家には早く木の枝を切ってもらいたいと思うのが本音かと思います。

民法では隣地の木の枝が境界線を越えて伸びてきている時は、その土地の所有者に対して木の枝を切断する事を

「請求」する事ができるとされています。(民法233条1項)つまり勝手に切ってよいという訳ではなく

あくまで請求ができるとされています。土地というのはその土地の上下にも所有権が及ぶというのが普通ですから、

その土地に付着している木の枝についても切断を請求できるという説明になります。

ただしその木の枝が自分の敷地に伸びてきている場合でも自分の土地や建物に被害がなかったり、その枝を切断する

事によってその木の所有者が不利益を被る場合などは、枝の切断の請求が権利の乱用になる可能性もありますので

注意が必要です。

木の根は勝手に切れるか

続いては木の根についてです。

木の枝はその所有者に切断する事を請求できるという事でしたが、木の根はどうでしょうか。

木の根は境界線を越えてきたときは自らその根を切る事ができるとされています。(民法233条2項)

つまり勝手に切っても良いという事です。

しかし太い根っこを切ってしまった場合にはその木が枯れてしまう可能性もあります。

法律上では無断で切っても良いですが、現実的には隣家に一声かけたほうが無難です。

隣家の木の枝に付いた果実はもらえるか

木の枝が自分の敷地に入り込んでいてその枝に果実が付いていたとしたらその果実は勝手に取って食べてしまっても

良いものでしょうか。これは想像がつくかと思いますが勝手に食べてしまってはいけない事になります。

その果実は隣家の所有物です。たとえ木の枝が自分の敷地に入り込んでいても勝手に果実を取ってしまっては

いけない事になります。

枝から落ちる枯葉はどうか

では枯葉についてはどうでしょうか。一言に枯葉といっても自分の敷地に枯葉が落ちてくれば掃除もしなければ

いけませんし虫が付いている場合もあります。また大量の枯葉で自分の家の雨どいが詰まる可能性もありますし

枯葉が吹いてきて窓を開けるのも困難な場合もあります。また枯葉が自分の家の壁に寄っかかっていて枯葉の油分

から家の壁が腐食しはじめてきている、、なんて事もあるかもしれません。

隣家の枯葉の対処としては枯葉は枝に付着しているものなのでその枝を切断するように隣家に請求する事は

可能と思われます。あまりにも限度を超えていれば枯葉の撤去費用の負担も請求できる可能性もあるかと思います。

しかし現実的には枯葉にまで隣家の所有者責任を問うのは難しいと思います。隣家と話合い枝を切断してもらうか

枝にネットを被せてもらう、また自分の家が借家であれば大家さんから隣家に対して上記のような処置をして

もらうようお願いしたり、隣家が応じないようであれば自分の家の窓にネットを設置してもらうよう大家さんに

請求する等の対処になってくるかと思われます。

隣家の屋根から落ちてくる雨・雪はどうか

最後に隣家の屋根から滴り落ちる雨や雪についてです。屋根の傾斜が急であったり屋根の端が

隣地との境界を越えていたり雨樋の取り付け位置が悪かったりすると雨や雪が降った時に

隣地に水たまりが出来てしまったり落ちてくる雪の重さによって隣地の屋根を損傷してしまう

可能性すらあります。雨や雪について法律的な見解においては

民法第二百十八条 土地の所有者は、直接に雨水を隣地に注ぐ構造の屋根その他の工作物を

設けてはならない

としています。雨水や雪を隣地に注いでしまうような屋根を設置している場合は、隣地から土地の

所有権による妨害排除請求権が行使されてもおかしくはありません。もちろん現実的には実害の大小に

寄る部分もあるかもしれませんが隣家に実際に損害があり屋根の補修等の請求をなされた場合には、

その求めには応じるべきかと思われます。

現実の状況に即した即効性のある方法が見つからない場合もあるのが法律の難点なのかもしれませんが

ご近所付き合いは日頃から大切なものです。木の枝や枯葉が落っこちてきたとしてもできるだけ円満な話合いで

解決していきたいものですね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket