LINEで送る
Pocket

リフォームと賃貸住宅について

今回はリフォームについて少し書いてみようと思います。

リフォームといえば賃貸ではなく自己所有の家に対してのリフォームを想像する方も多いかと思います。

実際その通りなのですが中には賃貸住宅の中にもリフォームが可能な物件も少しずつ増えてきました。

大規模なリフォームは不可ですが壁紙を変えたり床の簡単な張り替えといったプチリフォームに人気があるようで

す。リフォームというよりは部屋の模様替えといった所でしょうか。

また入居時にクロスや設備を選択できるといったサービスを実施している会社さんもあります。

原状回復義務のガイドラインを発表している国交省もガイドラインを一部改訂し、オプションで原状回復義務を

外した契約書も交わせるようになっているようです。リフォームに対する規制緩和と共にこれからこのような

物件が増えてくるのではという予感さえします。

スポンサーリンク

賃貸住宅でリフォームは可能か

賃貸住宅ではリフォームは基本的には不可能です。しかし貸主さんとの取り決めによっては可能な場合もあります。

借主さんには退去時に原状回復の義務があります。そのため貸主さんとあらかじめ取り決めをしていないと

後で勝手にリフォームをしていたという事が発覚するとトラブルになる可能性があります。

そのためまずは大家さんや管理会社に許可を取る必要があります。そして許可を得た場合であっても

部屋のどの部分をどこまでリフォームするのか、また退去時にはどこまで原状回復をする必要があるかを

できるだけ契約書等の書面にして残しておく事が望ましいです。よくリフォーム問題であるトラブルとしては

「言った言わない」の問題があります。口約束でリフォームについて約束をすると後々になってそのリフォームの

範囲について言った言わないといったトラブルになる事があります。またリフォームをしていくうちに約束を

していない部分までもリフォームしたいという願望が強くなっていき、リフォーム追加や変更を行っていく上で

家主さんと問題になる事もあります。また大規模なリフォームになるとご近所さんとのトラブルが発生する場合も

あります。建物規約を守らないリフォームであったりリフォーム工事に伴う騒音や匂いなどで苦情を受ける可能性

もありますので大規模なリフォームには事前にご近所への挨拶も必要かと思います。

 

また最近では壁紙を変える場合でも壁に傷がつかないように木枠の上に石膏ボードを貼ったり、床をフローリング仕

様にする場合でもフローリングマットというものがホームセンター等で売っている事があるので一般の方でも意外と

簡単にプチリフォームができるようになっています。

また最近ではUR都市機構などリフォーム可能な物件を広告している会社さんもあります。

中にはその物件のモデルルームを公開していたり二重窓や和室から洋室への変更、壁を取り払って部屋数を

変更する、壁紙を好きな色に変更できるといったリフォームができる住宅もあるようです。

また他の不動産業者の中でも部屋の一部分だけを原状回復義務を外したり壁紙や床材や建具の色などを自分の

好きな色にて選択できるサービスも登場しています。

規制緩和によりリフォーム物件が増えていく傾向もあると思いますし、不動産屋としてもリフォーム可能な物件とい

うのは需要があるように思いますし、家主さんにとってもお部屋のグレードアップに繋がる事もあるので

メリットは大きいとは思います。しかしやはり書面で一部とはいっても原状回復義務を外すという事に抵抗感がある

家主さんが多いようでなかなか思うようにリフォーム可能物件が増えないという現状があるように思います。

リフォーム可能物件を積極的に広告している会社さんや、不動産屋の自社物件を中心に探していくという事が

リフォーム可能物件を探す近道になりそうですね。

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket