LINEで送る
Pocket

不動産屋の物件の掲載許可とは?

今回は不動産屋の物件の掲載許可について少しだけ書いてみようと思います。

不動産屋はホームページやポータルサイト(スーモさんやアットホームさんやホームズさん等)に物件を

掲載します。

当然お客様を自分のお店に呼び寄せるため、もしくは反響(電話やメールの問い合わせ)を取るためです。

ほとんど全ての不動産屋はホームページにたくさんの物件を掲載しています。

スポンサーリンク

見てみると「物件掲載数No1!」とか「取扱い物件数No1」など多くのアピールが並んでいます。

しかし一般の方から見てみるとどうやってそんなに沢山の物件を調達しているんだろうか、本当にそのお店で

取り扱っている物件なのか、とかいう疑問が出てくる場合もあるかと思います。

今回はその物件調達と掲載許可について挙げてみようと思います。

他社さんから物件を調達する

では例えば不動産業を新たに開業した人がいるとします。しかし開業したばかりですから当然取り扱える物件など

持っていません。しかし開業して間もないのに沢山の物件を広告している会社さんもあります。

このような会社さんがどのように物件を調達しているかというと開業した当初は他の不動産屋や近隣の不動産屋に

挨拶回りをして「掲載させて頂ける物件はありますか」という事で広告の許可をもらいにいく事になります。

当然他の会社が物件を掲載してその会社がお客様との契約を成立させてしまった場合は手数料は半分ずつになって

しまいますので広告許可を出さない会社さんもあります。しかし他の会社にも広告許可をOKする事によって

その物件が成約する確率は高まりますので割と積極的に広告許可や掲載許可OKな会社さんもあります。

また広告許可を出す出さないは物件による所も大きいです。新規の物件や新築の物件、どうしても自社で成約を

させたい物件については掲載許可NGとしている場合もあります。そして時期が経過して入居者が見つからなければ

他社さんにも掲載許可を出す、という流れです。そんなこんなで他社さんから物件を調達しながら一般媒介など

自社で正規に取り扱える物件を増やしていく事が一般的かと思います。気になる物件に付いている不動産会社の

看板を見てたくさんの看板が付いていたら一般媒介の可能性が高く大家さんに直接アタックして媒介契約を

取りに行く場合もあると思いますし、ブルーマップや登記簿でその物件の大家さんを調べて交渉をするケースも

あると思います。そしてその物件に絶えることなく入居者を紹介し、大家さんに認めてもらえれば次は管理なども

任せてもらえる場合もあります。管理手数料は家賃の3~5%くらいの金額が毎月受け取れますので例えば30室の

家賃6万円のマンション管理を任せてもらえれば(6万×5%)×30室=90000円の手数料収入が得られる

事になります。管理物件が増えるという事は毎月の管理手数料が増え固定収入になりますので会社自体が長期で

運営していくには管理物件の数が重要になってきます。よく街の不動産屋で経営しているのか倒産しているのか

わからないような外観がボロボロの不動産屋を見かける事がありますが、このような不動産屋は昔からの地主との

付き合い等で管理物件を豊富に持っており、毎月の管理収入だけで経営が成り立っている会社さんが多いという

事実もあります。

スポンサーリンク

広告掲載についてのトラブル

またレインズなど不動産業者間で繋がるシステムなどを見ていても「広告掲載可」と記載されている物件も

あります。じゃあ自社ホームページやポータルサイトに広告掲載しても良いんだな、と思ってしまう場合も

ありますが実際には違う場合もあります。掲載可とはいってもホームページのみ掲載可能という場合もありますし

ポータルサイトも含めて掲載可能という場合もあります。また物件自体の広告掲載はしても良いが物件の写真や

画像は無断使用不可という事もあります。そのため広告掲載をするためにはその物件を管理している会社に

事前に掲載許可をもらってから掲載する事が必要になってきます。

また普段から付き合いのある不動産屋だからいつもの調子で無断で断りもなく広告を掲載した事がトラブルに

なる可能性もゼロではありません。普段から付き合いのある会社さんであっても一応断りの一言は入れておくべき

かなとも思います。また1つの物件に対して複数の不動産会社が広告を出していたので、自分の会社でも無断で

広告を掲載した事からトラブルになるケースもあります。他の不動産業者が掲載していたとしてもやはり元付さん

には許可をもらったほうが無難かとも思います。また賃貸と売買の違いからしても広告の掲載許可の幅は異なる

場合があります。やはり売買のほうが取引金額は大きくなるため、売買の広告掲載はより厳しくチェックされている

風潮はあると思います。賃貸では正直なところ元付さんに無断で広告を掲載したり無断で画像を掲載したりという

会社さんが多いのも事実ですが、賃貸であってもやはり事前に掲載許可を取ったほうが良いかと思われます。

また不動産屋はポータルサイトに広告を掲載する時にたくさんの物件を掲載する事が多いです。

その際1件1件ポータルサイトに掲載の入稿登録をするのは面倒なので一括入稿システムを導入しています。

確かに便利なのですがこの場合にも他社での広告掲載が禁止となっている物件が一括入稿の中に混じっている

場合があり結局ポータルに掲載されてしまったというトラブルが起きる可能性もあります。

また元付さんに掲載許可を電話で取る場合でも掲載させて頂く旨と電話口の担当者名くらいは聞いておきたい

所ですがその担当者が変わってしまった場合に掲載NGとなる事もあります。また最初は掲載許可OKだったのに

後から掲載NGになる物件もあります。また掲載許可は得ているが、既に他社さんでその物件は成約済になって

しまっていて、いつまでも自社のHPに成約済物件を掲載していたなんて事もあります。この場合にはおとり物件

の疑いを持たれてしまう可能性もあるので、物件のクリーニング等を通して定期的に物件のチェックをしておく事も

大切だと思います。またトラブルを防ぐために物件の日々の空き室確認や募集条件の変更の確認などに気を配って

おくことが必要ともされています。

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket