LINEで送る
Pocket

津田沼 賃貸 土地の価格の簡単な出し方

今回は土地の価格の求め方について簡単に書いてみようと思います。

これは不動産屋の方々は当然に知っていますが普段不動産に関わりのない方々には土地の価格の調べ方なんて

あまりピンとこない方もいるかもしれません。しかし例えば「自分の実家の土地の価格はいくらくらいなのか?」

とか「近所のあの広大な家の土地の価格はいくらくらいになるんだろう?」とか気になる時はあるかもしれません。

スポンサーリンク

土地の価格の求め方には一般的には

①相場・時価・実勢価格

②固定資産税評価額

③相続税路線価の価格

④公示地価

この4種類があります。もちろん他にも価格を算出する手法はあるかと思いますが、ざっくり分けるとこの

タイプに分かれます。

①の実勢価格とは市場で実際に取引されている平均的な価格の事をいいます。②の固定資産税評価額とは

固定資産税を計算する基になる価格の事ですね。③の相続税路線価とは相続税や贈与税の計算基準となる

数字をいいます。④の公示地価とは毎年3月下旬に国交省が公表する土地価格の事をいいます。

いずれも「価格を出す目的」が違うため例えば①の実勢価格を100%とすると

②の固定資産税評価額は70%

③の相続税路線価は80%

④の公示地価は90%

くらいの水準となっている事が多いです。特に固定資産税評価額と相続税路線価の水準が実勢価格より

けっこう低くなっているのは税金を算出するための基になる数字なので少し低めに設定されているんですね。

今回は一般的によく用いられる③の相続税路線価を使用した土地価格の求め方を簡単に書いてみようと思います。

相続税路線価による土地の価格の求め方

①まず国税庁のページにアクセスします。→http://www.rosenka.nta.go.jp/ アクセスすると平成○年分という

箇所があるかと思いますが一番新しい年度を選びましょう。(今だと平成26年分かな?)

②次に都道府県表が出てきたと思うので調べたい土地の都道府県を選択しましょう。

③次に「路線価図」という所をクリックです。

④すると市区町村別の選択ページになるので調べたい市区町村を選択しましょう。

⑤町丁名の一覧が出てくるので調べたい町丁を選択しましょう。もしくは索引図のほうが見やすいという方は

「索引図へ」をクリックします。

⑥地図が出てきたと思うので自分が調べたい土地を具体的に確認しましょう。するとその土地の面している道路に

「68E」とか「81D」とか数字とアルファベットが表示されているかと思います。(地図が見にくい方はズーム

等してください)このアルファベットは借地権割合を示していますが、通常はあまり考えなくて良いです。

数字に関しては㎡あたりの千円単位の金額を示しています。68でしたら㎡あたり68000円、81でしたら

81000円となります。

㎡あたりの金額が出ました。では次に土地相場を算出します。

土地相場と公示価格には一般的に次の算出がよく使われます。

・公示価格=路線価÷0.8

・土地相場=公示価格÷0.95

それでは上記の式に当てはめますと例えば地図で見た路線価が「81D」であれば

土地相場=(81000÷0.8)÷0.95=106579 となります。㎡あたりの金額が106579円

という事ですね。

坪単価に直すと1坪は約3.3㎡なので

106579×3.3=351711(端数切り上げにしてあります)

という事で1坪あたり351711円という事になります。20坪の土地であれば

351711×20=7034220

となりますね。あくまでざっくりとした計算です。

もっともこの計算方法はおおまかな推定価格であり実際にはその他にも補正率や加算額が加わったり

色々な計算要素があるのでざっくりとした参考程度の計算方法として考えて頂けたら幸いです。

また近隣の地域での過去の取引相場を確認する事もできます。国交省が提供する「取引価格情報提供制度」です。

URL: http://www.land.mlit.go.jp/webland/

「不動産取引価格情報検索」の項目から過去の取引金額などを調べる事ができます。

普段あまり馴染みのない土地の価格かとは思いますが、自分が普段住んでいる土地の事ですので少しでも

興味を持っておきたいものですね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket