LINEで送る
Pocket

[西船橋 賃貸] マンション・アパート・ハイツ・コーポの違いについて

今回はマンションやアパート、ハイツやコーポの違いについて書いてみようと思います。

街中の建物を見てみたりいざお部屋の内見に行ったりすると色んな名前の建物がありますね。

○○マンション、○○コーポ、○○ハイツといったように様々ですが、実際の建物を見てみるとそんなに大きな

違いがないように見えます。

スポンサーリンク

マンションとアパートの違いは何となくイメージが沸く方も多いとは思いますが何か違いがあるのでしょうか。

幾つか簡単に挙げてみようと思います。

マンションとは

マンションは馴染みのある言葉だと思いますが、主にマンションは鉄骨、重量鉄骨(S)、鉄筋コンクリート

(RC)、鉄骨鉄筋コンクリート(SRC)造の建物をいいます。大きさなどは特に問われていません。

日本ではマンションというと一般的な集合住宅というイメージですが、語源である英語(Mansion)では「豪邸」の

意味で使われる事が多くお金持ちの大邸宅のような家を指す言葉として用いられる事が多いようです。

アパートとは

アパートとは主に木造や軽量鉄骨造の建物を指します。というより「マンション以外の建物=アパート」という

考え方の方が正しいかなと思います。階数で言えばマンションは木造以外の3階建て以上、アパートは木造や

軽量鉄骨の2階建てまで、という言い方もできると思います。英語の「apartment(アパートメント)」を

元にした和製英語ですね。

コーポ・ハイツとは

コーポ・ハイツですが残念ながらこれには明確な違いがありません。主にアパートの中で建物に合ったイメージの

名前を付ける際や借主に良いイメージを与える名前の1つとしてコーポやハイツが用いられます。

「アパート」というよりも「ハイツ・コーポ」という方が何となく近代的というかお洒落な感じが若干出ている

ようにも感じます。少しだけ高級な住宅を「コーポラス」と呼んでいた事もあり略してコーポと呼ばれる事も

あったようですが現在では明確な区別はありません。

ざっくり言えば少し古めの物件にはアパート、綺麗で新しい感じの物件にはコーポやハイツと名付けられる

傾向が多いようにも思います。建物にも格差社会かぁ。。なんかちょっと可哀想ですね。

各名称の意味

語源や名称の意味を挙げておきます。

mansion マンション:語源は英語。「豪邸」の意味を持つ。

apartment アパートメント:語源は英語。「集合住宅」の意味を持つ。

chateau シャトー:語源はフランス語。「貴族が住むカントリーハウス」の意味。

heim ハイム:語源はドイツ語。「家、住まい」の意味を持つ。

villa ヴィラ:語源はフランス語。「別荘」の意味を持つ。

maison メゾン:語源はフランス語。「家」の意味を持つ。

corporate house コーポ(コーポラス):和製英語。「集合住宅」の意味を持つ。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket