LINEで送る
Pocket

[西船橋 賃貸] 借主が自分で原状回復をする事は可能か

今回は原状回復についてです。

以前に原状回復などについて書きましたが、実際に退去する際の立ち合いや、

借主さんが自分で原状回復ができるかどうかを少し書いてみようと思います。

退去時の立ち合い時に確認書にサインをしてしまった

原状回復とはお部屋を借りる前の元の状態に戻すと考えている方も多いですが、正確には「賃借人(借主様)の居

住・使用により発生した建物価値の減少のうち、賃借人の故意・過失・善管注意義務違反・その他通常の使用を超え

るような使用による損耗・毀損を復旧する事」とガイドラインでは定めているようです。

つまり通常通り清掃を実施し、常識の範囲でお部屋を使用していれば敷金は戻ってくるという事が基本になって

いるようです。

スポンサーリンク

しかしながら敷金トラブルは後を絶えません。ましては引っ越しに慣れていない方など尚更です。

退去の際に不動産管理会社と立ち合いをしてお互いに部屋の損耗状況を確認し合い、確認書にサインをするという

流れが一般的かと思いますが、単純に自分が故意に汚した訳でもなく過失もない自然損耗の箇所を指摘され、

自分に原状回復責任があると認めて確認書にサインをしてしまった、という場合もあるかと思います。

この部分についてはガイドラインによると、あくまでその確認書の内容にもよります。その損傷部分について

借主が修繕義務を負うといった内容になっていれば、通常はその内容に基づき原状回復費用が決定される事に

なります。しかし単純に損傷があった事を認めるという事にとどまる内容であれば借主さんは原状回復費用に

ついてまで了承したことにはなりませんので、ガイドライン等に基づいて負担割合を決めていく事になります。

つまり退去時の立ち合いをする際は損耗部分や損耗具合をしっかりと確認し、担当者さんに不明な点などを

納得いくまで確認を取りながら確認書に署名や捺印をするようにしたい所です。(但し契約書にもともと原状回復

特約の記載がない場合などは確認書にサインをしてしまった場合でも自然損耗等について、借主は自分が負担すべき

金額でないことを主張できる場合があります)

 借主が自分で原状回復?

退去の立ち合いが終わって後日原状回復費用の請求書が届いて、封を開けてみると思ってた以上の金額の請求書

にビックリ、というケースもあります。

また請求書の損傷個所の補修金額の明細を見てホームセンターなどによく行く方は「自分で補修材料を買ってきて

修繕をしたらこんなに高い金額にはならないのでは?」と考える方もいるかもしれません。

もしくは自分の知り合いや家族に修繕業者がいる場合は尚更そのように考える人もいると思います。

この点についてガイドラインでは「原状回復について賃貸借契約書にて賃貸人(大家さん)もしくは

賃貸人の指定する業者が行うと規定されている場合にはそれに従うことになる」と記載されています。

つまり契約書にそのように記載されていれば大家さんが業者なども指定する、借主さんはそれに従うという事

ですね。しかし同じくガイドラインでは「契約書に賃借人(借主)は原状回復だけを行う旨だけが規定されている

場合は賃借人が行う、もしくは賃借人が指定する業者に行わせる事も可能と考えられる」と記載があります。

要するに契約書内容によっては借主さんが指定する業者に修繕を行わす事も可能な場合があるという事ですね。

とは言ってもその場合でも無断で行うことは出来ず、大家さんや管理会社と十分な相談をした上で修繕をする事に

なるかと思います。

また自分で修繕を行う事が可能になったとしても原状回復工事が契約期間終了日までに完了しなかった場合は

遅延損害金や賃料が発生する可能性もありますし、住んでいるお部屋と同等程度の材質や仕上がりを考えて

修繕を行わないと、後から大家さんにやり直しを請求される場合がありますので注意が必要です。

 

しかし実際には自分で原状回復工事を行うことは現実的とは言えない事も多く、退去の立ち合いの際に損傷箇所を

よく確認し、どちらの負担になるか、各損傷部分について概算でどのくらいの請求になるか等をきちんと確認

した上で退去をするという行動が一番懸命なような気がします。

飛ぶ鳥跡を濁さずではないですが、いずれにしても今まで自分がお世話になった部屋ですので話合いの上で

負担割合を明確にし、スムーズな退去を心掛けたいものですね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket