LINEで送る
Pocket

不動産屋のタイプとそれぞれ

今回は不動産屋さんのタイプとそれぞれの特徴について少し書いてみようと思います。

不動産屋と1口にいってもタイプはそれぞれです。

各々に得手・不得手があり自分が希望する物件に向いた店舗選択というものがあると思います。

大きくタイプ別に挙げてみたいと思います。

スポンサーリンク

不動産屋さんのタイプ

大手不動産屋さん

テレビCMでも流れているような誰でも知っている名前で明るくて店内にも比較的入りやすいのが特徴です。

また多くの物件を扱っているので選択肢も広がります。乗り入れ沿線をまんべんなくカバーしている会社さんも

多く、数多くの物件を見たいという方にもお薦めかと思います。新人さん教育にも手が届いている事もあり

接客態度にも好感が持てる事が多いです。流通物件の案内が中心の所も多いので会社さんによっては家賃交渉などは

難しい場合もあります。駅前に店舗がある会社さんも多く、アクセスし易いメリットもあります。

 

地元密着不動産屋さん

いわゆるご家族で経営されているような昔からある老舗の不動産屋さんです。

店舗に入っても落ち着きや温かみを感じる事もあります。

地元密着不動産屋さんのメリットは他店が持っていないような掘り出しを紹介してもらえる事があるという事です。

また古くから大家さんと顔馴染みのことも多く、融通も利くことがあるかと思います。

取扱い物件としては広く・浅くというよりは、狭く・深くのスタンスなのでこだわりの物件を見つけたいという

方にはお薦めです。

 

インターネット不動産屋さん

ネット媒体を中心に営業されている会社さんです。駅前での集客というよりはネット主体での集客がメインになる

のでホームページだけではなくネット上の色々な広告媒体にも物件掲載されている会社さんも多いです。

ホームページを見ても物件検索方法に様々な手工を凝らしている会社さんもあります。

駅から少し離れた場所に位置する場合もありますが、車で駅までお迎えしている会社さんも多くあります。

地元の街情報にはあまり詳しくない場合もありますが、仲介手数料割引などのサービスを行っている会社さんもあり

ネットでサクサク検索していきたいという方にはお薦めです。

 

営業マンのタイプ

営業マンにも見ていると幾つかのタイプに分かれるような傾向が個人的にはあるように思います。

何となくですが、、タイプ別に書いてみます。

 

体育会系・・ガテン系というかガッツや根性系の営業マンです。体もガッシリ系が多いように思います。

親分肌や兄貴肌の人も多く信頼されやすい場合もあります。組織内では重役ポジションにいる事も多いです。

不動産業界は基本体育会系の人も多いのでこのタイプの方も多いです。

 

イケメン系・・不動産業界に限ったことではありませんが窓口接客ではイケメンやさわやか系の方が接客している

店舗もあります。若いお客様の場合、このタイプの営業マンも若い人が多いので話が弾みやすく成約に結び付くこと

も実際にあります。中には新人さん等の場合は不動産の知識が少し乏しい方も時々います。

 

サラリーマン系・・一般商社にいるようなサラリーマン系です。髪も短髪でキッチリとしており不特定多数の

方に受け入れられやすいタイプです。仕事もそつなくこなす事が多いです。悪くいえば個性が薄いという言い方も

できるでしょうか。個人的には一番お薦めのタイプです。

 

ヌシ系・・その店舗やその地域を支配しているかのような雰囲気を持つヌシ系です。髪型や服装や雰囲気も独特で

意外と自分で個人事務所から独立している方も多いです。ヌシ系は人によって様々です。良い人に当たれば

抜群の勘と人脈を持っている方もいるのであくまで人次第だと思います。

 

簡単に不動産屋さんのタイプや営業マンのタイプを書いてみました。

営業マンタイプについては主に男性を中心に書いてみましたが最近では女性営業の方の活躍も目立ちます。

不動産屋は人によっては怖いというイメージを持つお客様もいるようで女性の方であれば安心というお客様も

多いです。

どの不動産屋に行くかやどの営業マンと相性が合うかは人によって違いますが、店舗や営業マンの腕次第で

案内される部屋が違ってくる事もあります。

自分にとって良い店舗や相性の良い営業マンを見つけて、最後まで満足のいくお部屋探しをしたいですね!

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket