LINEで送る
Pocket

[松戸市 賃貸] 家賃滞納者と遅延損害金 1日遅れる度に1000円?

今回は家賃滞納について書いてみようと思います。

現在家賃滞納者は増えています。不況と一言で言ってしまえばそれまでですが故意に滞納を繰り返している

人もいればある事情からどうしても支払いができない人まで様々です。

当然管理会社や大家さんも自分の資産をいつまでも無料で貸しておく訳にはいきません。

保証会社が付いていれば家賃保証が付くケースが多いかと思いますが入居者はどちらにしても保証会社に

立て替えてもらった家賃を支払わなければいけない事になります。

保証会社からの請求や督促に関してはプロですので不動産管理会社のそれとはまた違います。

また大家さんにとってもいずれは契約解除・退去を考え始めるでしょう。

今回は家賃滞納のケースやその対策について書いてみようと思います。

家賃滞納者の特徴

家賃滞納者の特徴ですが通常何度か注意や督促を受けて支払う人が殆どかと思います。しかし悪質な方になれば

「入金日を勘違いしていた」 「振込先を間違えた」「ロングの旅行に行っていた」「病気で入院していた」

「音信不通」などの口実を見つけては滞納を繰り返す方もいます。

また特に多いなぁと思うのが高額家賃物件の滞納者です。高額家賃物件に住む借主さんは入居審査で収入面も

クリアしているはずですし、滞納をしそうなイメージが一般的にはあまり無いのですが、これが意外に多いです。

下手すればワンルームマンション入居者より滞納率は高いかもしれません。また入居希望先がこれまでの居住元と

あまりにも近い高額物件の場合は管理会社から事情などを求められる事も多いかもしれません。

高額賃貸の場合の家賃滞納は特に大家さんにとっては深刻です。その為、管理会社としては支払能力が低めの人に無

理に入居させない事や入居率を上げる為に保証人の確認を甘くしない事を心掛けるべきだと思っています。

また賃貸契約時には大家さんは立ち会わない事も多いかと思いますが、できるだけ入居者と一度は顔を合わせて

小話の1つでもしたほうが良いようにも思います。

スポンサーリンク

家賃滞納 1日経過するごとに1000円徴収?

管理会社さんの中には厳しく家賃滞納に対応し、1日入金が遅れるごとに500円~1000円の延滞金や損害金を

取られる会社さんもあります。

もちろん一番に悪いのは家賃を滞納した方です。滞納しなければ何も問題は起きません。

滞納に関して法的な範囲としては遅延損害金という項目に当てはまります。

民法では遅延損害金を年5%の割合で請求できるとしています。

また大家さんが事業として賃貸業に取り組んでいる場合は年6%の遅延損害金を請求できるという事に

なっています。少しだけ増えるという訳ですね。

契約書に具体的に遅延損害金について約束された記載があれば、借主は滞納をした場合その約束された

金銭を支払わなければなりません。

しかし上限がないかというとそういう訳でもなく、消費者契約法でいう所の遅延損害金は年14.6%の利率を

超えてはならないとされています。

ですのでそれを超えた遅延損害金は無効という事になります。あくまで一般論ですが、詳細は管理会社さん等と

話し合って進めていく事になるかと思います。

しかし事業用物件や法人相手にお部屋を賃貸する場合は、この上限利率を超える遅延損害金が認められる場合も

ありますので注意が必要です。

と考えるとあくまでその家賃にもよりますが、滞納1日につき500円~1000円というペナルティは少し高い

かなという感じもします。例えば家賃7万円の物件を10日間延滞した場合は

7万×14.6%×10/365=280円で、10日間延滞でこの金額です。(計算方法違っていたらスミマセン。。)

しかし上限利率を超える損害金は無効と言えばそうなのですが、しかしそこには今後滞納を繰り返してほしくない

という管理会社さんからの注意喚起も含まれての事でしょうから、数日分であれば全て清算した上で今後も

気持ちよく住みたいと考えられる方も多いかと思います。

賃料滞納と契約解除

大家さんの立場としては滞納が長くなれば長くなるほど収益に影響しますから本音としては契約解除や明け渡し

をケースによっては求めたいという所だと思います。

また実際の契約書においても例えば、1か月くらいの賃料滞納があった場合は契約を解除できる、というような

特約を付加する事も珍しくありません。とはいえ、1か月分の滞納では貸主と借主の信頼関係が崩壊された、とは

いいがたい状況です。

判例ではこのような特約は、特段の事情が在する場合に限定的に認められるものと解されているようです。

通常貸主(管理会社)が継続して督促をし契約の解除を意思表示し、その上でも家賃の支払いがないときは

法的手続きを検討に入れます。またどのくらい賃料の不払いが続けば契約解除事由に該当するかは難しい所ですが

通常は不払い期間3か月が目安として考えられているようです。

 

賃料滞納に関してどのような考え方をされるかは人によるかと思いますが、いずれにしても家賃を毎月きちんと

支払いを続けていれば何も問題になる事はないかと思います。入居の前には自分の収入と家賃の兼ね合いをよく

考えて入居し、気持ちの良い生活を送りたいものですね。

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket