LINEで送る
Pocket

[柏市 賃貸] 賃貸 仲介会社の責任期間

今回は仲介会社の責任の期間について簡単に書いてみようと思います。

仲介会社と管理会社の責任期間は曖昧な場合もあります。契約時までなのか、借主に鍵の引き渡しが

終わった時なのか、おそらく人によって回答が異なる場合もあるかもしれません。

仲介会社の責任期間について

例えば賃貸借契約が終わり借主さんの入居当日までに大家さんはお部屋のクリーニングやリフォームを

終えていないといけません。そうでないと引っ越し時に荷物を借主さんがお部屋に搬出する事ができません。

しかし例えばリフォームやクリーニングが入居当日に終わっていないとしたらどうでしょうか。

稀にですがこのようなトラブルはあります。管理会社側や大家さん側からリフォーム業者やクリーニング業者

への手配ミスなどが考えられます。このような場合仲介会社は責任を負わないでしょうか。

大家さんと借り主さんは契約を済ませていますから、大家さんには契約上の責任が発生していると言えると

思います。つまり固い言い方をすれば借主に対して契約上の債務を履行できなかった事になるので厳密には

債務不履行の責任が生じると思います。

またリフォーム業者を手配したのが管理会社であれば手配ミスがあれば大家さんに依頼されての事が果たせなかった

事になりますので管理会社にも大家さんに対して債務不履行責任が生じると思われます。

では仲介会社はどうかという事になりますが契約は既に締結されています。人によっては仲介会社の責任期間は

借主と契約を締結するまでと考えられる方や鍵の引き渡しが完了するまでと考えられる方もいます。

また契約書作成や重説を管理会社でするのであれば、申込み時点で仲介会社の責任は終了していると考える方も

いるかもしれません。

しかしあくまで仲介会社の責任期間は「借主が入居するまで」と解される事が多いようです。

例えば上記の例で言えば仲介会社はリフォームの進捗状況や工事が完了しているかという事を確認しなければ

いけないと思います。借主さんが安心して入居をスタートできるよう最善を尽くすべきとも思いますし、

また仲介として間を取り持つという事はそういう事だとも思います。

しかし実務的には借主が入居した後でも管理会社さんから「そちら(仲介)で対応してください」と言われてしまう

事も少なからずあります。また入居後のトラブルであっても管理会社さんが必死に対応したのにトラブルが解決

されない場合など、仲介会社が協力して解決するという考え方も正しいと思います。管理会社さんとの良好な関係を

壊さない為にも仲介会社もある程度考えて協力するスタンスがあって良いと思います。

借主さんにとっては不動産会社間の責任の所在はあまり関係のない話でしたね。。。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket