LINEで送る
Pocket

[習志野市 賃貸] シェアハウスとは?

最近この言葉はよく耳にするようになりました。

テレビなどでシェアハウスを題材にした番組もあり視聴率も高く話題になった事も手伝っているとは思いますが

若者や単身者を中心に実際にシェアハウスを体験したという人も多くなっています。

イメージとしては入居者間の距離感が近づくとか1人では寂しいという方にはそばに知り合いがいるだけでも

安心できるといった感じを持ちますが実際シェアハウスはどうなのか気になる部分でもあります。

スポンサーリンク

シェアハウスとルームシェアの違い

同じような言葉にルームシェアという言葉があります。

文字通り部屋をシェアするという意味では同じですが、区別の定義はありません。

この2つの違いは2DKや3DKなどのアパートやマンション等の集合住宅の1住戸をシェアのベースとするものを

ルームシェア、戸建ての物件をシェアするものをシェアハウスと指すものが多いです。

またその物件に管理者がいるか否かでも分ける事ができます。物件の所有者が余っている部屋を貸し出す事や

管理会社などが建物を建築しあらかじめ部屋を共有する物件として貸し出す事を想定したものをシェアハウスと

言い、自分が借りている部屋の中で余っている部屋などを他の人に貸す事をルームシェアと言います。

とは言っても結構その辺の区別はあまり気にせずルームシェア・シェアハウスと使用している場合がほとんど

だと思います。

シェアハウス・ルームシェアのメリット・デメリット

それではメリットを幾つか挙げてみます。

色々な人と知り合いになれる:これが一番のメリットと言えるかもしれませんね。特に共有人が外国人の方の場合

のボーダーレスのハウスだと他国の異文化なども享受できるかもしれません。外国語も多少話せるようになるかも?

大勢の人と暮らす事の安心感:1人暮らしより大勢の方が安心感があるという声はよくあります。特に女性の

1人暮らしは危ないとイメージを持つ人も多く人がいる安心感というものはあるようです。また帰宅すると

外から部屋に灯りが点いているというのは家族が待っているかのような気持ちを抱く事もあります。

部屋の掃除・洗濯・炊事も負担減:シェアで当番制のように毎日決めて行えば炊事や洗濯なども毎日の事では

なくなるので助かります。但しそれぞれ仕事や生活パターンを持っているので時には当番を守れず規則が崩れて

いくことも。

家賃負担が減る:これはそのままですね。例えば家賃15万円の物件だとしても3~4人で割ればわずかの額。

共有だとしても15万円の物件に住める所に割安感を見出す方もいます。

料理をみんなで食べれる喜び:これは感じる人も多いみたいですね。特に家族で毎晩食事をしていた人は

1人暮らしを始めるとホームシックになる方もいますので、みんなで食事ができる喜びや作り手としては

みんなに食べてもらえる喜びというものもあると思います。

電化製品や生活用品を共有:例えば高価な電化製品など1人ではなかなか手が出ませんがみんなで分担

すれば購入できる事もあります。これも共有のメリットの1つですね。

但し中には一緒に住む人の中でもパワーバランスというか力関係のようなものがあるようで中心人物が入手したいと

言い出した物を他の人があまり必要としてないとしても負担するハメになる事もあるようで、、同居人の選定も

重要なようです。

バスルーム・トイレ・キッチンも余裕あり:1人暮らしの部屋で1Rや1Kではお風呂なんかも狭い場合が多いで

す。またユニットバスともなるとそれだけで敬遠する方もいます。ある程度高い家賃のお部屋であれば部屋にも

よりますが広々浴室や広々キッチンなどもあり特に水回りを気にする女性には嬉しいメリットだと思います。

中にはシェアハウスでも女性専用のシェアハウスという物件も出てきています。

敷金・礼金がいらない物件が多い:若い方は特に初期費用が高くて引っ越しに躊躇する、というケースも少なく

ありません。敷金礼金がいらないとあればかなり費用が抑えられますね。但し敷金0の部屋は退去時のルーム

クリーニング代が高めに設定されている場ありますので注意が必要です。

恋人・結婚へ発展:部屋をシェアしていれば当然に距離感が近くなります。その為、恋人やひいては結婚に結び付く

ケースというのもあります。また人間の生活においてはそれぞれの癖や習慣が異なるため、結婚する前は

同棲を一度経験しておく事が必須、とよく言いますがシェアハウスやルームシェアであればその部分をカバー

しており、いざ結婚という事になっても相手の生活習慣に頭を悩ませる、、なんて事も少ないようです。

スポンサーリンク

デメリット

それではデメリットを幾つか挙げてみます。

仲が悪くなると厳しい:ルームシェアはみんなが割と仲が良い事が前提のようになっていますが、例え友達同士でも

ケンカになる事はあるものです。中でも1人だけ輪からはみ出してしまい孤立してしまうと精神的にキツイです。

部屋の中で相談する人にも困ります。中にはシェア人同士の男女関係のもつれもあったようです。

設備を使うタイミング:例えば風呂・トイレ・テレビなど使いたい時に使えない場合もあります。お風呂に入りたい

時に入れない、便をもよおしてるのにトイレに入れない、観たいテレビ番組があるのに観れない→スマホ視聴で我慢

、、など好みやタイミングにストレスを感じる事も。

家賃分担の危険性:シェアハウスやルームシェアの中でも家賃を分け合って負担を軽減する事が大きなメリット

ですが、時には家賃を支払えなくなる人がいます。当然仕事の状況はお互いに違いますから仕方ない事にも

思えますが、その人に貯蓄等が無ければ当然その場合は他の人が負担しなければいけません。(ほとんどの場合

家賃の支払いが遅れたりする人はいつも決まった人だそうです。。)

音のプライバシー:夜中に隣でテレビを観ていたり携帯で他の友達と話をしていたり、、自分は気にならなくても

他の人にとって音は気になるものです。一部の木造など壁の薄い場合は尚更です。眠れないとなると次の日の仕事に

支障が出たりする事も。

光熱費等の費用分担:電化製品の使用量は人によって全く違います。暑がりや寒がりの人はエアコンをよく使います

し、帰りが遅くなる人は電子レンジを使用して調理したり、女性の場合は男性と比べるとドライヤーの使用時間が多

少長くなったりと様々です。しかし細かく言えば電気の消費電力は誰がどのくらい使用したかまでは確認が難しい

為、光熱費などの分担費用で多少もめる事もあるようです。

個人間のプライバシー:上記の音のプライバシーと多少似ていますが、例えば他のシェア人が知らない友人を

部屋に連れてきたり、彼氏や彼女ができた場合も部屋に入れるのは気を使う場合もあります。

その友達がシェア人と仲良くできれば良いのですがそうとも限りません。

鍵の共有:例えば誰かがその部屋の鍵を紛失したとすれば、他のシェア人に対しても窃盗などの被害が及ばない

とも限りません。早めに大家さんや管理会社へ連絡しましょう。

逆に1人の時間が作れない:これはシェアのメリットの真逆の問題ですが、どんなに普段から明るい人間でも

時には1人になって考え事をする時間は必要だと思います。お部屋をシェアしている都合上、そのような時間を

作りづらい事があります。

1人の欠落誰かが退去した場合、次の人が見つかるまで1人分費用負担が増える事になります。

収入は変わらない為、今までの生活パターンがそこで崩れる事があります。

脱法ハウスの存在:最近ではシェアハウスを中心に脱法ハウス問題が取り上げられています。

一時期あるマンガ喫茶のシェアハウスが法令違反を犯してした事で有名になった問題ですがこれはマンションに

とっても関係のない問題ではありません。建築基準法違反、消防法違反、マンションの管理規約で認められて

いないものなどがあります。これは借主さんというより建築主の大家さん側の問題とも言えそうですが、もし

火災や地震が起きた時などに備えてこのような物件を選択する事は避けましょう。

ルームシェア不可能な部屋:ルームシェアは基本的に自分が住んでいる部屋を他の人とシェアする事ですが

部屋によっては単身専用のお部屋もあります。1人暮らし専用なので複数人が住む事は基本的に認められて

いない事が多いです。該当するかどうかは管理会社に確認してみましょう。

 

 大家さん(建築主)から見たシェアハウス・ルームシェアのメリット

入居者から見たメリット・デメリットを幾つか挙げてみましたが今度は大家さん側から見たメリットを

少し挙げてみたいと思います。

収益性の高さ:まずこれを1番に挙げるオーナーさんが多いように思います。

例えば5人の入居者を1Rで5部屋用意すればトイレ・風呂・キッチン、、、などというように単純に言えば

設備品も5つの部屋に1つずつ必要になります。シェアハウスであれば基本的には建物に1~2つの設備品で済みま

す。工事賃も1部屋分です。設備投資面でもかなり抑えられるという利点があります。しかし大人数で使用すればそ

の分設備品の損耗度も高くなりやすい傾向があります。

自主管理ができる:自主管理がし易いという点も大家さんにとってのメリットとして挙げられると思います。

通常私たち不動産屋は特に専媒の物件などポータルサイトなどに広告を出しますが、物件やお店によっては

広告を出さない事もあり大家さんとしてはもっと自分の物件に広告費を費やしてほしい、と思われる方も

いらっしゃるかと思います。シェアハウスやルームシェアにおいては募集広告や広告媒体などが限られている為、

大家さん自身での自主管理がやり易いという面があります。

リスク 分散ができる:大家さんは空き室対策というものにいつも気を配っているかと思います。

新築や駅近、築浅など人気のある物件はそのままでも良いですが、通常お部屋から1人退去すれば次の入居人を

決めるのにも一苦労です。その点ルームシェアであれば1人が退去しても他のシェア人が家賃を支払う事になる為、

リスク分散になると思われます。

競合相手が今の所少ない:今後まだまだ増えてくると言われているシェアハウス・ルームシェアですが、今の所

物件自体は多いとは言えない状態の為、まだまだ参入の余地があると思います。また男性限定・女性限定・外国人

のみ・外国人OKなど入居人の募集形態によっても入居率は変わってきます。

 

幾つかメリット・デメリットを挙げてみました。色々と事情はありますが入居者にとってもオーナーさん側にとって

もメリットの方が大きいため、今後ますますシェア物件は増えてくると思われます。

いずれにしても自分が共同生活に向いているのか、シェアして入居した場合の自分なりのメリット・デメリットを

想定した上での慎重なお部屋探しをしていきたい所です。シェアハウスでの生活を楽しみましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket