LINEで送る
Pocket

デザイナーズマンションとは

今回はデザイナーズマンションについて書いてみようと思います。

デザイナーズマンションとはご存じの方も多い通り、有名な建築家などが中心になって建築されたコンセプトが

前面に押し出された建物の事です。当然建築家によって建物のデザインなども異なり人気の建築家のマンションは

退去待ちなんて事も珍しくありません。建築家のオリジナリティーが発揮された建物と言えると思います。

デザイナーズマンションで良く見られるものとして打ちっぱなしコンクリートやガラス貼りのお風呂が1つとして

挙げられると思いますが若者を中心に良い意味でも生活感を感じさせないお洒落な生活空間を演出できるとして

人気があります。

スポンサーリンク

デザイナーズマンションのメリット・デメリット

デザイナーズマンションのメリット・デメリットについて幾つか書いてみます。

メリット

センスの良い(センスを感じさせる)マンション:建築家の個性が出たセンスを感じさせる室内空間が魅力です。

奇抜なものもありますが、一般的な建築物とは線引きされたデザインで好きな人にはずっと住んでいたくなるような

部屋になる事もあります。デザイナーのセンスを共有し自分のセンスを周りに発信する事ができるマンションです。

機能性も劣らない:デザイナーズマンションというとデザインに目が行きがちですが、最近では機能性や利便性

にも注意を払ったものも多く一般住宅と比べても見劣りしない建物が多く出てきています。

賃貸に出すのもOK:あくまで家主さんの立場からですが、お洒落なデザイナーズであれば若者にもウケが良い

事も多く、賃貸に出すとしても高めの家賃で貸せる可能性があります。建物にもよりますが比較的市場競争力が

強いと言われています。

女性に配慮したマンションが多い:デザイナーのコンセプトにもよりますが、例えばキッチンが広いとか

アイランド型であったりセキュリティが強化されたものも多く女性に配慮したマンションが多く出ています。

配置・収納にもこだわりがある:デザイナーズはお部屋のセンスやオリジナリティを重視したものです。せっかくの

こだわりのお部屋も家具の配置や電気配線でごっちゃになってしまっては台無しです。その為配置スペースなどを

あらかじめ設けすっきりと収納できる空間作りが配慮されたものもあります。しかし逆にデザイン重視し過ぎた

ものでは収納場所があまり見当たらない、、なんて事もありますので注意です。

クロスの張り替えが不要:賃貸で退去する際に負担割合で問題になりやすいクロスの張り替えですが、打ちっぱなし

の壁であれば張り替えはありません。(但し付着する臭い等には注意)

 

デメリット 

デザインの好み:個性的なマンションであればあるほどデザインには人によって好みが分かれます。例えば

自分が好みのデザインであっても今後同居する家族や彼女がその個性的なお部屋を気に入るとは限りません。

家賃が多少高くなる:これは建築時にも言える事ですが賃貸の場合でも賃料が概ね1~2割ほど高くなる傾向が

あります。これは施行や材料の他にデザイナーへの報酬も含まれている事があります。

年配になるにつれ:自分が年を取れば取るほど住空間に対して重視する点は変わってくる事があります。

若い頃であればセンスが良かったり客人を呼ぶのにも恥ずかしくないお洒落な部屋を、という気持ちもありますが

年を取ると生活する上での便利さや快適さ、落ち着きといったものを重視する傾向もあり、デザイナーズを購入

する場合は先を見据えたプランが必要になってきます。

建物によっては性能に疑問も:あくまで限られた建物になるかと思いますが、デザイン面を中心に建築費が使われ

肝心の建築材料が粗末なものであったという声を聞いた事があります。最近のデザイナーズマンションに関しては

しっかり施工されたものが多いと思いますが、後になって木材が朽ちてきたり耐震性が不十分であったなんて事の

ないように施工時にしっかりと確認が必要です。

修繕費が高くなる事もある:住宅を所有している人にとって修繕というのは避けられないものです。

修繕をこまめにしてあげていれば家はそれに答えてくれるものだと私は思っています。

しかし修繕費用の面でいえばデザイナーズは場合によっては高くなる場合があります。例えばコンクリート

打ちっぱなしの壁は壁面塗装がなされていないので雨や日光の影響を受けやすく、その分劣化が早まる可能性

もあります。

また修繕時にあまりに凝った仕様材料だとメーカーからの取り寄せが困難な場合も稀にですがあります。

夏暑く、冬寒い:一概には言えませんがコンクリート打ちっぱなしは夏に熱くなりやすく冬は寒いと言います。

個人で遮熱・断熱塗料などの工夫が必要になる可能性もあります。

掃除が面倒ば場合も:主婦の方は特に感じる事はあるかもしれませんが、例えばガラス張りの浴室などは汚れが

目立ちやすい場合もあり掃除が大変になる事もあります。

照明や天井:よくあるのが天井があまりに高すぎたり照明位置が高かったりする場合は照明器具取り替えなどの交換

やメンテナンスが困難になる事もあります。

周囲の環境も大事:マンションのデザインや外観は素敵なのに周囲の景観とマッチしていない、、なんて事も

時々あります。環境の中で孤立したデザイナーズマンションは賃貸でも将来借り手が付きづらくなる可能性も

あります。周囲の環境もそのデザインやテーマに見合った環境かどうかという事にも配慮が必要だと思います。

デザイナー「風」マンションは少し異なる:デザイナーズマンションの人気を捉え、最近ではデザイナーズ風

マンションというのもあります。よくあるデザイナーズマンションを模倣したようなものです。あくまで建築家

の個性やオリジナリティが全面に出たものがデザイナーズマンションだと思いますので、自分のセンスや生活

スタイルに合ったものかどうか見極めが必要です。

 

最近ではデザイナーズと一言でいっても個性的なものから少し風変りなものまで色々なマンションが出てきました。

それだけに人それぞれのセンスが発信できるマンションの選択肢が広がっていると言えると思います。

しかしその個性やセンスが「今だけのもの」ではあまり意味がないと思います。確かに独身時代だけセンスの良い

マンションに住めれば良いと割り切って住むのも良いかと思いますが、どうせならある程度年を重ねてもその

マンションを気に入って住んでいるという自負を持っていたいものです。もし建物にデメリットがあったとしても

そのデメリットを含めて自分がその建物を愛せるかどうかが大切だと思います。見た目というものは人間だけではな

く建物にも意外に大事なものであると思います。自分がどんなセンスや人柄の持ち主かといのを発揮できる場面は

日常では意外に少ないように思うからです。ぜひ自分がずっと住んでいたいと思えるようなデザイナーズマンション

探しをしてみたいものですね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket