LINEで送る
Pocket

賃貸保証会社

今回は賃貸保証会社が倒産した時にどうなるかを幾つか書いてみようと思います。

借主さんはお部屋の契約時に賃貸保証会社に一定の手数料を支払います。また更新時にも更新手数料を

支払います。

借主さんの家賃滞納時に通常は管理会社や大家さんから事故報告が保証会社へ入り、保証会社から借主さんへ

請求がかかると思います。また家賃の入金も保証会社が収納代行しているケースも多いです。

また状況によってお部屋の原状回復や残置物処理、法的措置の代行も保証会社がしてくれる場合もあるので

大家さんにもメリットがあると思います。

スポンサーリンク

また借主さんにとっても連帯保証人が確保できない場合など、保証会社があれば契約する事もでき利用する

方も多くなっていると思います。(連帯保証人が確保できても保証会社に加入する必要がある場合もあります)

ではその賃貸保証会社がもしも倒産した場合にはどうなるでしょうか。

賃貸保証会社が倒産した場合

大手保証会社が倒産した事は皆さんの中でも知っている方は多いと思います。

不動産ファンド市況による悪化や家賃滞納者の増加など様々な理由はあるようですが、保証会社が倒産すると

なると入居者だけではなく大家さん、管理会社にとっても影響は大きいと思います。

通常、保証会社の選定は入居者がするのではなく管理会社がどこの保証会社を利用するかを決める事が多いため

保証会社が倒産したとなると、入居者から管理会社の責任も問われかねません。

保証会社が倒産すると、通常破産管財人が動きできるだけ早期に賃貸保証の事業を引き継いでくれるスポンサー

的な会社を選定するようになると思われます。

入居者の立場としては引き継ぎ会社から通知等が届き、今まで通り(もしくは多少契約内容の変更はあるかも?)

の保証サービスを引き継ぐ旨や保証委託料を今後はその会社へ支払う事になるような指示があるものかと思われま

す。(会社によって対応は異なると思います)

しかし保証会社が変わっても保証サービス内容は今まで通り引き継がれれば入居者にとって大きな負担はないように

思えますが、引き継ぎの保証会社がなく大家さんから新たな賃貸保証会社と契約するように言われた場合は

どうなるでしょうか。

大家さんとしては保証人がいない入居者をいつまでも入居させておくのは不安な部分が多いと思います。

また人によっては退去を促してくる方もおられるかもしれません。それが理由として正当事由にあたるか

どうかというのはまた別問題ですが、新たに保証会社と契約するとなるとまた保証委託料等が発生する可能性も

あります。保証委託料は通常、家賃の50%相当が相場かと思いますがそのお金を入居者が負担するのか、

家主が負担するのか、または管理会社が負担するのかは問題になるケースもあるかもしれません。

賃貸契約時に入居条件として賃貸保証会社を利用する旨の記載が契約書等にあれば、保証会社が倒産したとしても

継続して他の保証会社を利用しなければならないのかなとも思います。

しかし保証会社との契約は2年くらいの期間が多いと思いますが、その間に保証会社が倒産したとしても最初に

期間分の保証委託料は支払っており、残りの期間の保証はどうなるのかという問題もあります。

保証会社を変更するとしても今の保証期間満了まで待ってもらえるかどうか、大家さんや管理会社さんと

じっくりと話合いが必要だと思います。

保証会社を利用するメリットは多く、今後も実保証人よりこのような保証会社を利用するケースが多くなっていく

ように思えます。

それぞれのメリット・デメリットを自分で確認した上でお部屋探しをしていきたいものですね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket