LINEで送る
Pocket

リノベーション物件とは

さて今回はリノベーション物件について幾つか書いてみたいと思います。

そもそもリノベーション物件とは不動産業に縁のない方にはあまり聞き慣れない言葉かもしれませんが

リノベーションとは修復や改善という意味です。古い住宅などを修復してそこに何らかの付加価値を乗せた

物件のことをいいます。中には新築に同様のようなリノベーション物件もありお客様を魅了する事もあります。

スポンサーリンク

リフォームとの違いは何か

リフォームというのは通常、原状回復を指します。元の状態に戻すような設計がリフォームです。

リノベーションは先ほど書きましたように修復した上で建物に付加価値を与えるものですから、一般的に住む人に

とっても新しい価値が見いだせるのがリノベーションになります。

リノベーションのメリット・デメリット

メリットとしてはリノベーションですから建築主にとっては建て替えなどと比べても低価格で可能という事が

メリットだと思います。また昨今建築時の廃棄物も問題になりやすいですが、リノベーションの場合には比較的

廃棄物も少なくする事も可能です。またリノベーション時に建物をスケルトンにすれば、もしその建物に不具合が

あった場合でも併せて修復する事もできます。しかしリノベーション時に柱などにシロアリ被害が発見された

場合や地盤沈下などが確認された場合、かえって再築のほうが割安になる場合もあるとされています。

また古い建物の場合、アスベストが含まれている事もあるので注意しながら確認しないといけません。

一方リノベーション物件を借りる借主さんにとってのメリットはやはりその新しくプラスされたデザイン性や

設備を享受できる事ではないでしょうか。

また家賃に関しても周辺物件の相場とリノベーション物件ではさほど変わらない事も多くリノベーション済の

物件を周辺と同程度の家賃で住むことができる事もメリットの1つです。(物件にもよりますが)

しかし逆に見ればリノベーションをしなければ借り手が見つからない物件という見方もできます。

リノベーション物件は元々老朽化している物件も多く、耐震性の面から見ると不安な物件もあります。

柱などは古い部材のままのものが多い為、しっかりと耐震補強された物件を選ぶことも大切です。

通常リノベーション物件を賃貸に出す際には、築年数はリノベーション時ではなく本来の築年数が表記されます。

万一、募集図面に新築のような表記がなされていた時には注意しましょう。

リノベーション物件の退去時

リノベーション物件だから退去時にリフォーム費用を請求されるとかそのような事はありません。

通常の賃貸物件と同じく原状回復が基本となります。契約時に契約書の条項をきちんと確認したり入居時の

損耗具合をしっかりと把握しておく事が重要です。

 

賃貸に関してはリフォームにしてもリノベーション物件にしても周辺の物件とよく見比べる事が重要だと思います。

リノベーションしたとは言っても、元々付帯している設備や配管も古いままの物件も多くあります。

見た目やデザインだけにとらわれず、自分の希望条件が整っているか、建物の耐震性や立地など根本的な事を

確認した上でお部屋探しをしていきたいですね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket