LINEで送る
Pocket

前居住者が設置した設備品などの修繕費用について

今回は修繕費用について書いてみようと思います。

以前に入居中の修繕費用が誰の負担になるかという事について書いていたと思います。

今回は前の入居者が残していった設備品の修繕費用はどうなるかについてです。

昔、私も一人暮らしを始めた若い頃に、入居する時に前入居者のガスコンロが設置されていました。

その時の不動産屋の契約時の説明では「前入居者が残していった古いものだから交換する必要がある時は

借主様の方で交換してください」という説明があったように思います。

今考えると少々納得のいかない部分もありますが、その頃の私は何の疑いも持たずに契約書に署名・捺印

した覚えがあります。

 

元々は前入居者の退去時に撤去

このような話の前にそもそも前の入居者が退去する際に「原状回復」の義務があります。

原状回復の義務があるという事はその設備品を取り外して退去しなければいけなかったという事になります。

またその設備品を撤去しなかったとしても、借主にはその設備品などの造作を家主に買い取ってもらえるよう

請求できる権利もあります。(借地借家法33条:造作買取請求権)

大家さんとの(もしくは管理会社との)どのような話合いがあったかはわかりませんが、新居に引っ越し

をしてきた際に前の入居者が置いていった残置物らしきものが設置されたままの事はよくある事です。

 前の入居者の設備品の所有権

では前の入居者が残していった設備品について、現入居者が居住中に不具合や故障が発生した場合に誰の負担に

なるのか、という疑問が出てきます。時々「前からある残置物だから修繕費用は借主負担」や「前の入居者の物だか

ら家主のものではない。従って故障時の修繕費用も借主負担」という声もあるかと思います。

しかし前の入居者が設備品を部屋に残していく事を家主がその時に了解していれば、その設備品の所有権は、

退去時に前の入居者から家主へ移転したものと解される事が一般的だと思います。

その為、入居者としては通常の設備品と同じく、修繕を貸主に請求する事ができます。

(但し特約があった場合や借主に故意や過失・通常の使用の範囲を超えるような扱いがあった場合など

借主負担になる事もありますので注意です)

 

設備品については契約時に不動産屋から説明があると思います。後でトラブルにならないように不明な点に

ついては契約時にしっかりと確認しておきたいですね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket