LINEで送る
Pocket

不動産屋から渡される鍵について

今回は入居時に不動産屋から渡される鍵について書いてみようと思います。

鍵は入居時に不動産屋から渡されるものです。通常2本の鍵を渡される事が多いのではないでしょうか。

特に防犯性の高い鍵(ディンプルキー等)はコピーを作るのが困難な為、1本では不安な所だと思います。

また入居後に借主様の方で合鍵を作る事ももちろん自由ですが退去時に合鍵も含めて返却する事になります。

入居時の鍵の取り替え費用は借主の負担か

お部屋が決まり、申込をする時に「鍵の取り替え費用は借主負担」となっている事も少なくないと思います。

大体金額的には15000円くらいが一般的でしょうか(鍵にもよります)。

しかし入居時の鍵の取り替え費用は本来は貸主負担となります。鍵も立派な家主様の資産の一部でありますし

資産を維持するのも家主様の責任の一部です。入居者が安心してその部屋に居住できるよう努めるのも

家主様の責任の1つと言えるでしょう。

しかし退去時など借主様が鍵を造作したり鍵を紛失したりした場合には借主負担となる事も多いので注意が

必要です。

では実際はどうかというと入居時に鍵の交換が借主負担となっている場合に「家主さんの方で交換してくれないか」

と交渉はできるかと思いますが結果的には良い回答が得られる事は少ないかと思います。入居の条件に

含まれている事も多いのです。

どうしてもその物件が気に入っているなら鍵交換代金を負担して自分の納得のいく物件に入居する事も一手だと

思います。

スポンサーリンク

内見は鍵によりタイプが分かれる

借りたいお部屋が決まったらお客様と内見をしに行く事になります。

しかしこの鍵によって不動産屋はけっこう振り回されたりするんです。

どういう事かと言いますと物件によって鍵がどこにあるかはまちまち。大きく分けると3タイプです。

①現地対応

現地対応は物件現地にキーボックス等が置かれていて暗証番号を入力すると部屋に入れる。

②鍵預けあり

物件の近隣の不動産屋に鍵を借りに行く。

③管理会社の立ち合い

仲介業者に鍵を預けず物件現地で管理会社の人間と待ち合わせ。その人が鍵を開けてくれて内見まで付き添う。

何となく想像は付くかもしれませんが一番気楽なのが現地対応です。その場で暗番を入力して内見できるから

気持ち的にもラクですね。②の鍵預けは特に問題はありませんが内見をしようとした時にその不動産屋が休日

で休みだったりするとガッカリです。お客様にも1日ずらしてもらう事なんかもあります。

③の管理会社立ち合いはお客様が良い感じの人だったら良いのですが、そうでない方だと管理会社からの印象も

悪くなる事があります。内見とはいっても人の査定も含まれているという事は言えそうです。

鍵は交換ではなくローテーション制になっている?

不動産屋は入居者がお部屋を退去すると鍵を交換します。

普通は新しく鍵を業者に頼んで交換してもらう、もしくは自社(または大家さん)で交換する(このほうが

費用は多少安いです)事が普通ですが、中には鍵を交換せず以前使われていた鍵を再度新しい入居者に渡す

会社もあります。

ローテーションで鍵を使いまわす場合、幾つかのパターンが考えられますが例えば

①A物件のA部屋で数年前使われていた鍵を何度か入居者が入れ替わった時に再度使用する、

②同じマンション内で101号室・201号室・301号室の部屋が全て入居者が退去した後に鍵をシャッフル

させて再度使用する

③複数の物件を保有する大家さんであればA物件(空き家)の鍵をB物件の鍵に取り付ける

などローテーション方法は様々です。

もちろん鍵交換費用を借主様から頂いている場合は新しく鍵交換をするのが普通ですが、費用を頂いても

鍵交換をしていない、見た目からして鍵が古い(交換したはずなのに新品ではない)など注意が必要です。

賃料滞納と鍵の取り替え

毎月の家賃を払う事は借主様の義務です。賃料を支払わない事は契約違反になりますし、契約解除の事由

にもあたります。

しかし例え借主様が賃料を滞納したとしても、貸主様が勝手に鍵を取り換えたりお部屋内の荷物を投げ出して

しまう事は不法行為に該当する可能性があります。

確かに家賃を支払っていない借主様が悪いといえばそうですが、貸主様が鍵を勝手に取り換えるまでの行為は

通常認められていません。順序を追って契約解除の手続きを踏んでいく事が正当と思われます。

家賃を払わないからといって勝手に鍵を開けてお部屋内に侵入したりすれば不法侵入罪の罪を問われる可能性

も出てきてしまいます。

鍵は自分で取り付ける事もできる?

DIYの一環として鍵を自分で交換する方もいると思います。

慣れた人であればさほど難しい作業ではないかもしれません。費用も1万円以下でできる場合も多いかと

思います。但し作業工程を間違うと、シリンダーに不具合があったり鍵が抜けなくなってしまった、なんて

いうミスも起こり得るらしいので充分注意して作業をしましょう。また新しいスペアキーは忘れずに貸主様(もしく

は管理会社)に渡してください。

また当然ですがお部屋の一部に造作を加える事になるので、不動産管理会社・大家さんに許可を得てから作業を

するようにしたいですね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket