LINEで送る
Pocket

マンションの防音性について

今回はマンションの防音性について書いてみようと思います。

賃貸でお部屋に住んでみた事がある方にとって、隣部屋の音がうるさい、上の階のペットの鳴き声が気になる

、隣室の子供の夜泣きで眠れない、、等々音の問題というのは重要な問題です。

今でも騒音問題で引っ越しを考えている人もいるかと思います。また騒音問題で悩んでいる人は仕事や

プライベートにおいても気分が沈んでいる、、なんて事も少なくありません。住居というのは生活の基本

スペースでありこの場所が住みずらい場所だと家にいる時以外でも支障が出てくるものです。

建物の構造から見て

建物にはSRC(鉄筋鉄骨コンクリート)、RC(鉄筋コンクリート)、S(鉄骨造)、木造とあります。

あくまで一般的にいえば左(SRC)から順に防音性が高いといって良いと思います。

しかし壁の厚さや間取りや壁の内部構造等によって必ずしもRC造の遮音性が高いという訳でもなく

一概には言えません。木造でも優れた建物は沢山あります。

壁の厚みと仕上げにもよる

壁の厚みは最低でも180mm以上は必要と言われています。

当然厚みのあるほうが防音性は高いですね。

また仕上げとしてもコンクリートに直接クロスを貼る「直貼り」と、コンクリート壁に木軸を挟んでからボード・

クロスを貼る「二重壁」などがあります。二重壁は壁とボード・クロスの間に空間ができてしまう為、一般的には遮

音性が低くなる可能性もあります。実際に壁を軽く叩いてみるのも必要ですね。

スポンサーリンク

分譲タイプもおススメ

賃貸マンションを大きく区別すると分譲タイプと賃貸タイプに分ける事ができます。

分譲タイプは特に壁は直貼りのものが多いと聞きます。また築浅のものですとコンクリートの劣化も殆ど見られ

ないと思いますので防音性も賃貸タイプの建物より期待はできそうな気がします(あくまで建物によります)

建物の大枠(構造)にもこだわる

建物の構造には例えば同じRC造の建物で「ラーメン式」や「壁式」があります。

ラーメン式は鉄筋コンクリートの柱で建物を支える構造になります。一方、壁式は壁で建物を支えるものです。

一般的に壁式のほうが壁で建物を支えているために密度は高く防音性は期待できます。

但し現在ではラーメン式の建物が多くなっているので壁式を見つけるのはなかなか難しい部分もあります。

ラーメン構造の場合、室内の仕切り壁を自由に配置できるので間取りのプランやリフォームにも自由度が

高くなります。但し柱や梁が出っ張る事も多いです。壁式構造の場合は壁で建物を支えるため、耐震性も

期待できます。しかし前述したようにリフォームなどには少し不向きといえるかもしれません。

遮音カーテンなどのツール

大通りに面したお部屋など外からの音も気になる場合は遮音カーテンという手もあります。

壁よりも窓から漏れる音というのは意外と大きいもの。ペット飼育や楽器演奏される方は付けている方も

結構います。またカーテンによって断熱効果・節電効果があるものもあります。

思い切って戸建て・テラスハウスも検討する

騒音に悩まされている方は思い切って戸建てやテラスハウスなども検討されてみてはいいかもしれません。

駅から多少遠くなったり築年数が古ければ賃料はマンションと同程度のものも探せばあるかもしれません。

騒音問題から離れたいという方にとっては選択肢の1つだと思います。

 

簡単にですが防音・騒音について書いてみました。

賃貸において上記の事をすべて確認するというのはなかなか難しいと思います。

また防音設備を自分で施すとしても大家さんの許可が必要になったりと現実的には困難です。

しかし騒音問題というのは一度気になりだすと精神的に歯止めが効かない事もあります。

音に対して神経が過敏になるものです。

また一度疑いだすとその入居者に対して色々な思惑が広がることもあります。

そこまでくると日常生活にまで支障をきたしかねません。

騒音問題についてはまず管理会社や家主、管理組合などに相談しましょう。場合によってはその迷惑な入居者に

直接意見する必要もあるかもしれません。納得がいかない部分もあるかと思いますが、集合住宅である上、

人それぞれに生活パターンがある以上、音の問題は避けられない事もあるかと思います。

いずれにしても早めに行動し、安心できる住居の確保に努めたい所です。

スポンサーリンク

 

 

LINEで送る
Pocket