LINEで送る
Pocket

松戸市 賃貸 不動産屋で加入する火災保険

みなさんも賃貸のお部屋を契約するときに火災保険の加入をした事があるかと思います。

期間2年で保険料は1万5000~2万5000円くらいでしょうか。

高いと感じるか安いと感じるかは人によってかと思いますが火災保険に加入している事は知っていても

内容を知らない人は割と多いのではないでしょうか。

今回は火災保険の簡単な内容と見直しについて書いてみようと思います。

契約する火災保険の内容

賃貸契約をする際に加入する火災保険の内容としては主に以下のものです。

借家人賠償責任

修理費用

家財

個人賠償責任

 

借家人賠償責任:貸主様(大家さん)に対しての賠償責任を補償するものです。

例えば火災や水濡れや爆発などで大家さんに対し損害賠償責任が生じた場合にその賠償金に対して保険金が

おりるものです。毎月家賃を支払っているんだから責任は生じないのでは?とか大家さんは個人加入で自分で

火災保険に入ってるでしょ?とかいう声も聞こえそうですが、例えば建物が失火で火事になった場合、

原状回復責任が生じます。もちろん建物を元の状態に戻す事は困難な為、大家さんに対して賠償責任が

生じる事になります。必ず付けておきましょう。

 

修理利用:火災や風災や落雷などでお部屋の付属(窓ガラスなど)を自分で修理した場合にその費用を

補償してくれるものです。

 

家財:火災や落雷や爆発などで入居者の家具や衣類などが損害を受けた場合に保険金が支払われるものです。

例えば隣家で火事が起こった場合、自分の家がもらい火を受けてしまったとしても隣家に賠償責任を追及

する事が基本的にできません。ですので自分の家財の保険は自分でかけておきましょう、という事ですね。

但し自分の保有する家財価値のトータルが家財補償の補償金額とあまりにもかけ離れている場合には

減額を検討する方もいると思います。

 

個人賠償責任:他人のものを壊してしまったり怪我をさせてしまったりした場合の損害賠償責任を補償する

ものです。但しもちろん全ての事故を補償する訳ではありません。事故のケースや状況によって異なります。

また個人賠償でいえば以前から各家庭で加入している保険(生命保険や自動車保険など)と補償内容が

かなり似ている場合もあります。補償内容をよく確認し重複するようであれば外す事も検討されても良いかと

思います。

スポンサーリンク

不動産屋は代理店

不動産屋は損害保険募集人資格を持っています。損保会社を代理して保険加入をおすすめします。

その為、不動産屋で火災保険加入手続きをすれば不動産屋に代理店手数料が入ります。

とはいっても大した金額ではありません。

みなさん賃貸契約時に火災保険に加入する方が多いですが、必ずしも不動産屋で加入しなければいけない

ものではありません。またその補償内容も必ずしも薦められた補償内容で契約しなければいけないという

ものでもありません。

しかし実際に不動産屋を通して火災保険に加入せずに「自分で加入します」と言った場合、不動産屋の回答

としてはそのお店によりけりです。OKを出すお店もあれば火災保険加入が入居条件になっている場合も

多いかと思います。

 

既に賃貸で火災保険に加入している人の補償内容見直し

例えば既に賃貸でマンションなどに入居していて火災保険に入っている場合です。

今では保険会社のみならず街中に保険代理店や保険見直し屋さんがあります。

大体このような店舗に出向く場合には、自分や家族の生命保険、医療保険の見直しで相談される事が多い

かと思いますが、意外に賃貸の火災保険の見直しを考えつかない盲点となっている場合が多いように思います。

もちろん強制的に見直しを薦める訳ではありません。ですが今の火災保険がもし自分の必要補償額と

あまりにもかけ離れた補償内容であれば、見直しを検討する価値はあるかと思います。

見直し内容によっては数千円節約できる場合もあります。

退去時の解約返戻金

お部屋を退去する際は必ず解約の手続きを保険会社に通知するようにしましょう。

退去する事は不動産屋が知っているんだから解約手続きも不動産屋がやってくれるのでは?と思う方も

いるかもしれませんが、あくまで契約者はお客様です。忘れずに手続きを行いましょう。

また大きな金額ではないかもしれませんが解約をすると解約返戻金が戻ってきます。

新たな引っ越し先では何かと出費がかさむものです。受け取れるお金は忘れずに受け取っておきたいですね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket