LINEで送る
Pocket

単身者専用のお部屋に複数人で同居できるか

さて今回は単身者専用のお部屋での同居についてです。

入居を決めた後に友人や彼女を同居させる事になった、、や経済的な事情(ファミリー物件などを借りる

金銭的な余裕がない)が主な所だと思いますが大家さんや管理人さんに隠れて同居している人たちも意外に

実際は多くいるのでは?と思います。また入居者の方にとってはお部屋の家賃を払っているのだから使い方

は入居者の自由だと考えられる方もいるかもしれません。

スポンサーリンク

単身専用部屋での同居が不可の理由

結論からいって答えは「×」という事になります。

当然といえば当然ですが単身部屋に同居する事は通常許可されません。

そもそも賃貸契約では契約時に届け出て頂いた入居人以外の人を入居させる事ができないからです。

この事は契約書や重要事項説明書に記してあることが通常です。

同居が発覚すると指導注意・場合によっては立ち退き命令が出る事もあります。

 

同居が発覚するケース

実際にどのようなケースに同居が発覚するかいくつか挙げてみようと思います。

壁に耳あり障子に目あり、ではないですが世間の人は見ていないようで意外に見ているものです。

 

・管理人さんから管理会社へ通報がいく

管理人さんは時間帯や曜日にもよりますが建物に常駐しているもの。入居人の家族構成などもある程度

把握されている場合も多いです。

 

・周りの部屋から騒音・喋り声などで苦情が出る

単身部屋なのに複数人の喋り声が頻繁に聞こえるのは不自然です。管理会社などに苦情が出やすいです。

 

・ゴミ袋からゴミ(請求書・明細書など)で発覚する

ゴミ袋を他人が開封してはいけませんが、以前から怪しいと噂されている入居者のゴミ袋から同居が発覚

したという話を聞いた事もあります。

 

・防犯カメラに頻繁に映る

刑事ドラマのようですが入室する二人の画像が何度も映ったことにより発覚した事が実際あったそうです。

 

・家賃滞納がある

同居どうこうではなく家賃滞納などトラブルがあれば家主や管理会社から注意の目を向けられ、結果同居などが

発覚する事もあります。

 

・駐車場に契約外の車がよく駐車されている

入居人の車以外の車が決まった時間などに頻繁に駐車されていると徐々に怪しまれるようになります。

 

主にはこのような所でしょうか。

色々と同居が発覚するケースはありますが不動産屋の立場からして言いたい事は「最初に正直に言ってほしい」

という事です。

同居すると単身より部屋が汚れてしまったり、結果退去時に1人分の敷金では足りない恐れもあります。

また単身専用の部屋なのに同居を特別に1室だけ許してしまうと、他の入居者にも同居に対して緩みが出てきて

しまう可能性もあるのです。

契約書に反する行為があった場合、契約違反となります。

同居する場合にはお部屋を探される段階でその旨を申し入れ、また入居後に仕方なく同居する事になった

ケースがあったとしても、必ず家主や不動産屋に相談してみましょう。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket