LINEで送る
Pocket

一人暮らしの電気代について

今回は電気代について書いてみようと思います。

細かい内容ですが一人暮らしを始めてするにあたっては支出の一部ですので大事な項目だと思います。

電化製品によってもかなり変わってくるので確認してみようと思います。

光熱費として電気・ガス・水道とありますが平均的には

電気代:4000~9000円

ガス:3000~7000円

水道:2000~4000円

くらいが平均的な所だと思います。やはり電気代が一番かかりそうですね。

それでは主な家電製品の消費電力を見ていこうと思います。

スポンサーリンク

家電製品消費電力ランキング

1位:エアコン

2位:冷蔵庫

3位:照明器具

4位:テレビ

5位:電気カーペット

6位:温水洗浄便座

7位:衣類乾燥機

8位:食器洗浄機

9位:ドライヤー

10位:その他

(各電化製品メーカーや環境により消費電力は異なります。ご了承ください)

私は男性なので食器洗浄機や衣類乾燥機はあまり使用しませんが、結構電気代がかかりますね。

エアコンは想像通りといった所でしょうか。但し電源を入れ始めてからしばらくし部屋の室温が一定に

なれば電気代は下がっていくと思います。2位の冷蔵庫はできれば省エネタイプの冷蔵庫が良いですね。

また熱いものを入れないとか冷蔵庫に物を入れすぎないなども節約になりそうです。

テレビについては使わないときは主電源を切る(待機電力を減らす)、テレビ画面自体の明るさを多少暗く

してみると節電の効果はありそうです。いずれにしてもこまめにスイッチを切るなどし、無駄な電力消費は

抑えたい所です。

お部屋のアンペアをチェック

アンペアも重要な確認項目です。

私も以前古い戸建てに住んでいた時にアンペア数は13~15だったと思います。

エアコンを使い電子レンジを使い照明をつけたままで、、なんて状態の時に何度かブレーカーが

落ちた事はありました。

一人暮らしマンションであれば20Aあれば充分ではないでしょうか。

あまりに低い場合は電力会社に変更を申し入れてみましょう。

またアンペア数によって基本料金も異なってきます。自分が月にどれくらい電気を使うのかとの兼ね合いも

大事ですね。

光熱費が無料のお部屋

最近は光熱費0やガス代という物件もあります。

理由としてはオール電化製品の普及や太陽光パネルの普及です。

もっともまだまだ賃貸物件に付帯している事は少ないですが、オール電化であれば料金割安の深夜電力

を利用するので電気+ガス代を支払っていた時よりトータルで割安になる事が多いように思います(もっとも

その分家賃に上乗せされていたら意味ないですが。。)

また太陽光パネルは建物の屋根に太陽電池パネルを取り付ける事で光を集め通常使用できる電気を生じさせる

ものです。屋根の上にパネルが設置してある建物をよく見かけますがせ設置するのに150万~500万円くらい

かかるものです。また重さも200~300kgくらいあるものが多いので建物があまり古いと耐震性上芳しくない

と考える方もいると思います。また太陽光発電に対して市区町村から補助金が出る事もありますが終了している

所もあります。オール電化や太陽光パネル付属の物件が賃貸物件に一般的に出廻ってくるのは時間がかかるように

思います。

 

電気代は毎月の請求書をこまめにチェックする事が大事だと思います。月々毎月口座から引き落としになってる

からあまりチェックしていない、、なんて方も1人暮らしの方には割と多いです。

最近はエコチェッカー・ワットモニターなど消費電力が調べられるツールもあります。

少し面倒ではありますが各家電の消費電力などに関心を持ってみる事も節電に繋がっていくのかなと思います。

無駄を省いたエコな生活を目指したいものですね!

 

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket