LINEで送る
Pocket

ロフト付き物件について

今回はロフト付き物件について書いてみようと思います。

以前から人気のあるロフト付き物件。特に女性に人気が高いように思います。

ロフト付きっていうだけで少しお洒落のようにも感じる人もいますしお部屋を有効利用できると感じる

人もいるようです。

実際はどうなのかメリット・デメリットを挙げてみました。

 ロフトのメリット

ロフトは面積に含まれない:ロフトは占有面積に含まれません。「居室」として認められるためには

一定の条件を満たしていないと居室として認められないからです。その分部屋を有効活用できます。逆にロフトを

面積に含めて表示している物件は注意が必要です。

天井が高く開放感がある:通常ロフト付き物件は天井が高い物件が多いです。そのため住んでいても開放感が

あります。但し電球を変える時などは高さに注意です。昔私も苦戦した経験があります。

ベッドと居室を分けて使える:特に1人暮らしの場合や急いでいる場合など、布団やベッドがぐしゃぐしゃに、、

なんて事もあるかと思います。秘密空間的なロフトであればそれを隠す?事も可能です。片づけがし易いという

事ですね。

用途が自由:寝室・荷物部屋・書斎にしたりと用途は自由です。自分なりの個性的な空間を作るのに適している

と思います。

子供にも人気:最近ではロフトは子供にも人気があるようです。私は独身なのでわかりませんが、あのハシゴを

登った先の小さなお部屋が子供には魅力的に映るのでしょうか。お子様がいらっしゃる方にもお薦めです。

但しお子様のハシゴの昇り降りには注意が必要です。

ロフトのデメリット

エアコンの空気気流が均一になりずらい:特に夏場がロフト部屋内は暑いという意見を聞きます。

ファンを付けるなどの工夫が必要。

長く住むにつれてハシゴが面倒になる:住み慣れていくにあたって昇り降りが面倒になる人もいます。

特に高齢になればなるほどその傾向は強いように思います。

掃除が大変:ハシゴを掃除機を持ちながら毎回昇り降りするのは割と大変です。ハンディタイプならまだ大丈夫

かな。。

ハシゴが逆にデッドスペース:部屋を有効活用できるイメージのロフトですがハシゴの下部は居室に着きます。

その部分は家具なども置きづらいこともある為、逆にデッドスペースになることもあります。

家賃に影響する事も:ロフト付きだからといってその分家賃に影響する事もあります。だったら2Kでも良かった

なんて考える事も。。家賃との兼ね合いを考えましょう。

 

ロフト付き物件を中心にお部屋探しをする方もいれば、過去の失敗から二度とロフトを選ばないという方も

いらっしゃいます。ロフト付き物件の家賃やロフトの専有面積・ハシゴの昇り降りが面倒でないかなど、外観

だけに捉われず本当に自分に利便性が高いお部屋かどうかを考えて選びたい所ですね。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket