LINEで送る
Pocket

賃貸の仲介手数料無料の店舗は少ない

今回は仲介手数料無料の店舗について少し書いていきたいと思います。

不動産取引として大きく分けると「売買」と「賃貸」に分ける事ができます。

パソコンで「仲介手数料無料」と検索してみると売買の仲介手数料無料の店舗はけっこう出てきますが

賃貸の仲介手数料無料の店舗は少ないものです。

当然売買は家を売ったり買ったり、賃貸は賃料を取り相手に貸す事ですがその手数料ももちろん異なります。

その手数料体系から簡単に見てみます。

売買と賃貸の仲介手数料

売買の仲介手数料ですが以下のようになります。

200万以下の場合:100分の5+8%(消費税)

200万~400万の場合:100分の4+8%(消費税)

400万以上の場合:100分の3+8%(消費税)

上記が売買の仲介手数料になりますが通常は「速算式」が用いられる事が一般的です。

速算法:売買価格×3%+6万円+消費税

いずれにしても数十万~数百万円の仲介手数料が発生する事になります。

もちろん賃貸よりも取引回数は少ないですが契約成立すれば不動産会社にとっても大きな利益になります。

売買取引の場合、売主と買主がいますが特に新築物件など売主から仲介手数料が頂ける場合など、

買主への仲介手数料を無料とする会社も存在します。

続いて賃貸の仲介手数料ですが仲介手数料は貸主と借り主から合計で上限家賃1か月分となっています。

家賃5万円の物件であれば仲介手数料も上限が5万円(消費税)になります。

但し今では借主様が仲介手数料1か月分を支払うケースが多いように思いますが、基本的には

貸主様と借主様が0.5か月分ずつ支払うのが基本です。(特約を付する事によって借主様が1か月支払う

事になっている事が殆どと思います)

不動産会社を新たに設立する場合、賃貸の仲介業から開業される方が多いですが、これは売買よりも

手数料収入が少ないが比較的多くの契約数を見込めるため(安定した経営)、また売買の場合はより

専門的な知識が必要になるため、または売買の場合、取引事情によっては損害賠償請求をなされるリスク

等も大きくなってくる為、賃貸仲介から開業を志す会社が多いのは事実だと思います。

スポンサーリンク

とはいえ売買と比較すると賃貸の仲介手数料無料の店舗がかなり少ないように思います。

一番の理由としてはやはり工夫を凝らさないと経営が困難な為です。

賃貸の仲介手数料無料といわれる店舗は主に契約が成立すると大家さんからAD(広告料・報酬)を

もらえる事があります。そのため、借主様の仲介手数料を無料にする事ができるのですが、手数料無料ではない

通常の不動産屋さんは借主様と大家さん両方から収入があるため(仲介手数料+AD)、通常2か月分くらいの手数料

収入が見込める事になります(物件により異なる)。

また通常の不動産屋さんはある程度の商圏を絞り(地域密着型など)、広告などを打ち出す事になりますが

仲介手数料無料の店舗はある程度商圏を広げ契約数を上げる事を考えないと成り立ちにくい一面があります。

 

不動産屋のランニングコスト

不動産屋は他の業種と違い在庫を抱えない事がメリットの1つである不動産業ですが当然経費はかかってきます。

簡単にですがその経費を挙げてみます。

保証協会加入・分担金:これを納めないと宅建業を営む事ができません。最初に180万円くらいだったで

しょうか。

物件賃料:店舗によって異なりますが8万~40万くらいです。大手不動産屋さん、フランチャイズ不動産

屋さん、地元密着型、ネット不動産屋さんなどに分かれます。もちろん最初の保証金を含めるともっとかかります。

広告費:ポータルサイト(アットホーム・ホームズ等)に物件を載せる広告費、または利用料。ネット・

賃貸情報誌など。非公開なので載せません。

人件費:パートさん等(自給800円くらいから~)

光熱費

インターネット費用・電話代:(プロバイダ費用)みなさんのご家庭の料金とあまり変わりません。

ホームページ運営費:会社によって異なります。自社でホームページ作成・運営している場合はかかりません。

通常1万~3万くらいです。

車関係:(車両購入費、ガソリン代、税金、駐車場など)

印刷代金:規模によって異なりますが2万~5万くらいが多いでしょうか。当店はもう少し削減しています。

お客様に渡す資料や広告、契約書・FAXなどですね。

内装・販促費:特に目立った内装を必要としていなければスケルトン物件で必要なものだけ揃えて開業します。

 

以上おおまかにでしたがランニングコストを挙げてみました(他にもあったかな?)

小売りとかと比較すると在庫を抱えないため、運営しやすいと言えますが、反面浮き沈みの多い業界である

事も確かです。

通常の不動産屋の営業マンの契約件数は店舗に全く異なりますが、平均で月10件強ではないかと思います。

とすれば賃貸の仲介手数料無料を実現するには、かなり工夫が必要になるのはご理解頂けるかと思います。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket