LINEで送る
Pocket

インターネット無料物件について

今回はインターネット無料物件について書いていこうと思います。

現在大家さんは空き室対策に困っている方々が多いと思います。人口減少・不況傾向・建物の老朽化・周辺環境

の変化などにより家賃は下がっていきます。その家賃をなんとか値上げ、もしくは現状維持を図るために

設備に投資したりリノベーションをしたりと策を打ち出します。

インターネットは今では言うまでもなく若い方々に限らず高齢者にとっても必須のインフラです。

個人で契約しようと思えばプロバイダや会社によって異なりますが大体6000~8000円くらいの

料金が毎月かかるのではないでしょうか。私の自宅もフレッツ光ですが大体そのくらいの料金です。

ネット完備であれば他の物件と比較しても多少のアドバンテージになるかと思います。

スポンサーリンク

インターネット完備の物件

最近インターネット完備の物件が多く見られるようになってきました。

インターネット完備は入居者が欲しい設備や希望する設備のランキングでも常に上位に入ってきます。

大家さんとしても毎月数万の負担が増えるとしても、入居者が確保できれば決して高くはない設備投資として

考えられる方もいるのではないでしょうか。

また建物としてすぐにネット利用できるネット完備物件になっていれば問題はありませんが、回線だけ引いてあり

契約は個人でするタイプの「インターネット利用可能物件」とは異なりますので事前に確認する事をお勧めします。

ネット完備物件のメリット・デメリット

ネット完備の物件のメリットとしてはやはりすぐに利用できるという事ではないでしょうか。

個人であれば契約をしてから回線工事まで2週間~1か月くらいかかったと思います。

新居に入居して周辺環境に不安が多い中、ネットが使えるかどうかというのは案外大きい要素な気がします。

また料金的にも多少家賃に上乗せされている場合が多いとはいえ、金額的にも安価な使用料で利用できると

思います。また例えば勤めている会社から「家賃補助」がある場合、インターネット利用料が含まれている

家賃を月額家賃として会社に申請できる事が殆どの為、そうでない物件と比較するとネット利用料が浮いて

お得になるといった声もあります。大家さんにとっても周辺物件と比較すると差別化に繋がります。

ではデメリットはというとあまり突出したものは浮かびませんが、あまり一定の時間帯に利用者が多いと

スピードの低下やシステムダウンになる可能性もあります。それと契約前には光かADSLかも確認しておきたい

ところです。また現在ネットを使用しているのであれば解約料も考慮し、新居が周辺相場と比較して

ネット完備だとしても本当に割安なのか比較検討が必要ですね。

大家さんとしても入居者確保のために一度家賃を下げるとなると他の入居者さんの兼ね合いもあり

以後家賃の値上げに踏み切る事がむずかしくなる事もあり、限られた物件価値向上の手段の1つとして

ネット完備は今後も多くなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket