LINEで送る
Pocket

賃貸の家賃の発生日について

今回は家賃の発生日について簡単に書いていこうと思います。

家賃の発生日は契約日=家賃発生日と考えている方も多いと思いますし、実際そのような場合も多いかと

思います。申込書記入日は家賃の発生日ではありません。

実際には家賃の発生は原則として賃貸借契約の締結日から発生する事になります。

しかし賃貸借契約書に特約として「○年○月○日~○年○月○日までの賃料は免除するものとし、賃料発生日は○年○月○日

とする」と明記してあれば賃料発生日は特約で記された日からという事になります。

ですので家賃発生日は契約した日や入居日とは限らないので不動産屋さんを通して家賃発生日を交渉されても

良いかと思います。交渉タイミングとしては契約段階ではなく申込みの段階が良いのではないでしょうか。

家賃の発生日をどれくらい遅らせる事ができるか

現実的には申込みをしてから1週間~3週間ほどで入居開始となる事が多いと思います。(審査→契約→入居)

また募集条件(フリーレントなど)や募集時期(2~3月は借り手が多いため)によっても状況は異なります。

但しこれが申込みから1か月、2か月後から家賃発生日を希望する場合はその申し出自体がもし認められたとしても

貸主様側にとってはその期間を空き室状態のままにしておかなければいけないので難しい部分もあるでしょう。また

貸主様によっては申込みを受けたとしても正式に契約が成立するまでの期間、引き続き募集を行う場合もあるので、

申込みから契約日までの期間があまりにも長い場合、他の入居希望者がその物件の契約を取り決めしまうケースもあ

るので注意が必要です。

二重家賃に注意

これは当たり前といえばそうですが今住んでいるお部屋の家賃との兼ね合いです。

今のお部屋と新しいお部屋の家賃が重なってしまっては大きな負担になってしまいますので

それぞれの不動産屋さんとの調整を進めながら日程を決めていく事が大切ですね!

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket