LINEで送る
Pocket

千葉県 賃貸 申込みから入居までの手順

今回は申込みから実際に入居されるまでの手順についてご紹介します。

引っ越しが初めての方はスケジュールがなかなかわかりずらいものですよね。

手順から必要な書類など書いていきたいと思います。

 

1:お部屋探し

自分の気に入るお部屋が見つかるまで根気強く探しましょう。ツールとしてはポータルサイト(アットホームさん

・ホームズさん・SUUMOさん等)、住宅情報誌、地元不動産会社HP、実際に歩いて探す、、などなど自分に合った

方法で探しましょう。また初期費用も物件選びのポイントの1つです。

2:申込み

お部屋が決まったら次に申込審査があります。入居希望者様や連帯保証人の個人情報や資力など必要な情報を大家さ

んや不動産管理会社(その物件を大家さんに頼まれて管理している会社)に通知し審査をします。その為に入居申込

書を記入します。

入居申込書には入居希望者様の情報・連帯保証人の情報などを記入します。

具体的には氏名・年齢・住所・勤務先・年収・勤続年数や同居人の有無など(他にもあったかな。。)を

記入します。その他にも申込金の支払いがある場合もありますので不動産会社に確認しましょう。

申込金を支払う場合は申込がキャンセルとなった場合は全額返金されます。契約成立となった場合はそのまま

敷金(家賃滞納や部屋の汚損等があった場合に充当されるお金)に充当される事が通常です。

審査に関してですが入居申込書の情報が審査の判断材料とされる事はもちろんですが、入居希望者様の人柄も

少なからず判断材料になることはあると思います。

また契約までのスケジュールをざっと確認しておく事も必要です。入居審査の期間・契約時に必要な書類・入居

可能日など確認可能な事は確認しておく事が必要だと思います。

また連帯保証人が確保できない場合でも保証会社を利用する事により契約可能な場合もあるので担当者さんに

聞いてみましょう。最近は保証会社を利用されるケースが増えています。入居者様が保証会社を利用する事により

不動産会社にも多少の手数料収入があり、また貸主様(大家さん)としても保証会社利用を希望される方もいるので

ケースバイケースです。

スポンサーリンク

3:契約時に用意する書類

審査が無事通ればいよいよ契約となります。

契約時に揃えておく書類はおおまかに以下の通りです(物件・会社により異なる場合があります)

・本人の住民票

・本人の収入証明する書類(源泉徴収票など)

・本人の印鑑証明

・連帯保証人承諾書 (他連帯保証人に関する書類が必要な場合あり)

 

また契約時に必要な代金は主に以下の通りです。

・敷金(物件によって不要な場合も)

・礼金(物件によって不要な場合も)

・仲介手数料(会社によって割引・無料としている会社も)

・火災保険料

・保証料(保証会社を利用する場合)

・前家賃・日割り家賃

4:契約の前に重要事項説明があります。

通常、正式に契約をする前に重要事項説明があります。

これは重要事項説明書をもとに宅地建物取引主任者をもって説明をすることになります。

主任者証を提示されて説明されます。入居に関して物件の構造や設備や、やってはいけない行為など

重要な事を説明されますので、不明な点はこの時点で確認をしておきましょう。

5:いよいよ契約です。

重要事項の説明が終わったら最後に契約書の署名・捺印になります。

契約書も同様に、内容をきちんと確認しましょう。

先ほど説明を受けた重要事項説明書の内容と異なっている部分がないかも契約書の重要なチェックポイントです。

契約者は借主・貸主の双方に1通ずつ渡されます。また上記の契約金の支払いも併せて行います。

6:引き渡し 新居生活スタートします

重要事項説明書・契約書に署名・捺印し支払いを済ませ、契約書・領収書・鍵などを受け取ったら

ついに最後の引き渡しです。

引っ越しまでに多少の期間はあると思いますので新生活に必要なものをそろえておきましょう。

また友人・知人などへの連絡もお忘れなく。住民票の移転手続きも済ませておきましょう。

スポンサーリンク

 

LINEで送る
Pocket