LINEで送る
Pocket

ペット可物件の現状は?

ペット可の物件を探されている方、割と物件探しに苦戦されている方も多いのではないでしょうか?

私もペット(特に犬)は大好きですが、自宅の事情により飼う事ができません。

ペット可物件には大きく分けて建築時よりペットに対応した物件として建設されたものである

「ペット同居型物件」と、空き室が目立ち苦肉の策としてペットも入居できる物件に変更した

「ペット可物件」とがあります。特に空き室が目立つ地方ではペットに対応した物件は今後も増えていくのでは

ないでしょうか。

ペット同居型物件の設備

ペット同居型物件の設備について幾つか挙げてみました。愛するペットにとってあれば嬉しい設備です。

 

リードフック:玄関などペットを繋いでおけるフック 最近はお店でも駐車場に取り付けている所も。

 

ドッグフェンス:ペットが入ってきてほしくない場合のフェンスです。

 

ペット対応した床材:傷がつきにくく、またクッション性なども考慮されているため、大事なペットが

怪我しにくくなっています。

 

ペット対応したクロス:ペットによる引っ掻き傷がつきにくいような壁紙。

 

足洗い場:エントランス部分にある事が多いですが、お散歩帰りに必須です。

 

ドッグラン:ペットが自由に走り回れるスペースです。ペットにもストレス解消を。

 

トリミングルーム:このスペースがあればペットのシャンプーやブラッシングも可能です。お部屋に入る前に

ブラッシングしましょう。

 

ペット対応コンセント:コンセントが低い位置にあるとコンセント事故でペットが怪我をする場合があります。

高い位置にあるコンセントなら安心です。

スポンサーリンク

需要があるペット可物件が思うように増えない理由

しかしながらペットと住みたい入居者にとってはまだまだ満足のいく物件探しができていない事が現状だと

思います。

理由としては

・入居者の問題 中途半端にペット可物件としてしまうとペットに反対する入居者の確保に困る

ペット可に特化する事でそれ以外の入居者を逃してしまったりする事も。

・原状回復の問題 退去時には原状回復で部屋を明け渡すのが基本ですが、ペットによっては壁や床に

傷をつけたり臭いが部屋に付く可能性もあります。またペットが他の入居者に怪我をさせる可能性も考え

なくてはなりません。敷金での相殺を考えたとしても、敷金・礼金を下げても物件が決まらないような

昨今の賃貸事情から考えるとなかなか採算が合わないとの理由から簡単にはペット可物件への変更を検討

できない現状があります。

但しペット可物件に一度入居した借主様は一般物件と比較すると長期間の入居が見込める傾向があるので

長い目で見たペット可物件の増設を期待したい所です。

 

ペット保険

最近はペット保険という保険もあります。もちろん生命保険や医療保険と比べて歴史が深いものではありません

が、大切なペットの為に保険に加入しておきたいという人も増えています。

ペットを飼った人であれば経験があるかもしれませんが、獣医さんで注射1本打っただけでも割と高額な費用が

かかった、なんて方も中にはいるのではないでしょうか。

ペット保険の種類としては「定額保障型」「定率保障型」「実額保障型」等があります。

人間の生命保険などと同様に加入時のペットの健康状態によっても加入条件がかかる事もあります。

またペットの年齢や大きさなども支払金額に影響する事がありますので注意が必要です。

生命保険会社でも「不払い」等で金融庁から業務改善命令を受ける保険会社が以前ありましたが、

正常な審査・支払を行っている保険会社がほとんどだとは思いますが、やはりペット保険の業界にもこの

「不払い問題」が中には話題としてあるようです。

この問題は消費者にとって関心の強い所だと思います。

ペットは口がきけません。しかし人間と同じように生活をし、高齢化します。

充分に比較検討し、自分のペットに合った最善の保険を選択したい所です。

 

ペット可物件の賃料

ペット可能物件っていうとかなり割増になるイメージが先行しますが実際は大体1割~2割増くらいかな

と個人的には思います。

建築当初からペット可として作られた物件は家賃も周辺の物件と比較すると多少高めかなという感じも

しますが、入居者不足により後付けでペット可にした物件はそんなに家賃が割増されているイメージは

ありません。入居者不足により使用変更したのですから当たり前といえばそれまでですが。。

しかし後者の後付けのペット可物件については「ペット対応可物件」もあり100%ペットのために

設備が整備されている物件だけではないという事に注意が必要だと思います。

例えばペットに好意的でない入居者がいたり、共用部分(廊下・エントランス・エレベーター等)をペットが利用し

て良いのかどうか、防音設備が十分かどうかなど、事前に充分な確認が必要です。

私もペットは大好きですが、自分の愛するペットが必ずしも皆に愛されるとは限らないという事を念頭に置いた

慎重なお部屋探しをしたいものですね。

 

参考:犬 猫 千葉県ペットの人気ランキング

ワンちゃん 1位:トイプードル       ネコちゃん 1位:アメリカンショートヘア

2位:ロングチワワ             2位:スコティッシュ

3位:ミニチュワダっクス          3位:ロシアンブルー

4位:柴犬                 4位:メインクーン

5位:ポメラニアン             5位:アビシニアン

(ペットショップによりランキングは異なります。ご了承ください)

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket