LINEで送る
Pocket

賃貸の仲介手数料について

引っ越しが初めての方のために、まず仲介手数料とは?という所から始めていきますね。

要するに家を貸す大家さん(貸主さん)と家を借りたい借主さん(お客様)を結びつける役割を

仲介といって良いと思います。主に不動産会社がその役割を担います。

具体的にはお部屋を探しているお客様に希望のお部屋をご案内したりとか実際に車で部屋を内見(ご案内)

したり部屋が決まった後の申し込み手続きなど細かくいえば多岐にわたります。

その報酬として仲介手数料(一般的には家賃1か月分)を受け取る事になります。

 

取引態様には「仲介」「貸主」「代理」があります

取引態様には上記の3種類があります。

仲介は先ほど述べた通りお客さまと貸主様(大家さん)を結びつける役割があります。

では「貸主」「代理」はというと「代理」は大家さんから契約を代理する権利を得た不動産会社が

そのままお客様に物件を貸す事ができる形態をいいます。大家さんの代わりに仕事を代理するという

ことですね。

「貸主」は大家さんもしくは不動産会社が物件を直接お客さまに貸す形態をいいます。

大家さんはもちろん不動産会社でも自分の所で建てた物件を持っている会社は結構ありますからね。

上記3つの形態での仲介手数料についてですが、仲介については仲介手数料が通常かかります。

代理・貸主については仲介手数料がかかりません。(代理は大家さんとの話合い次第でかかる場合がありますが)

広告や図面で取引態様の箇所に「代理」「貸主」などと記載があれば仲介手数料がかからない可能性も

あるので聞いてみるのもいいかもしれません。

 仲介手数料の金額

仲介手数料の金額についてですが「家賃の1か月分」が通常かと思います。

例えば国土交通省の公示等を参考にすると「宅地建物取引業者が貸主・借主から受け取る報酬(仲介手数料ですね)

の合計額は家賃の1か月分以内とする。貸主・借主から承諾を得ている場合を除き、それぞれから受け取る報酬額は

家賃の0.5か月分以内とする」となっております。

つまり必ずしも1か月分の仲介手数料と決まっている訳ではなく1か月分「以内」となっています。

例えば0.2か月分でも良いわけです。

また貸主・借主の料金負担割合は基本的にはそれぞれが0.5か月分以内となっております。(合計1か月)

しかし通常、不動産会社に行って契約をするとかなりの割合で仲介手数料1か月分を借主(お客様)が全額負担する

風潮があります。もちろん仲介手数料の割引を行っている会社様もありますがまだまだ少ないのが現状です。

そのため契約時の重要事項説明書には大抵、借主様が仲介手数料1か月分を支払う事を借主様が承諾する旨の記述が

あるのが普通だと思います。つまり借主様の承諾なしでは借主様から1か月分は受け取れないという事です。

スポンサーリンク

LINEで送る
Pocket